成長痛について|名古屋市西区庄内通『はづき接骨院』

成長痛について

成長痛とは成長期の過程で起こる身体の痛みで、骨の成長や活動量の増加に伴い、軟骨などに負担がかかる事が主な原因と考えられております。

夜間や朝方、運動後に痛みを訴えることが特徴で、膝やかかとなどの痛みを訴える事が多いです。

 

【オスグッド病】

膝の痛みを訴える成長痛です。ふとももの筋肉である大腿四頭筋は、骨盤から脛骨粗面と言われる膝の下に付着します。膝の曲げ伸ばしの際に働く筋肉ですが、筋肉や腱は成長過程の骨の成長に付いていけず、膝下の脛骨粗面部に大きなストレスが加わり続けます。安静や消炎鎮痛、大腿四頭筋のストレッチなどで痛みを緩和させていきます。

 

【シーバー病】

かかとに痛みを訴える成長痛です。大人に比べ脆弱な踵骨骨端部は、運動などによりアキレス腱付着部に負荷が加わり、血流障害による骨端核壊死または骨軟骨炎を起こす疾患です。かかとに軽い腫脹や圧痛、歩行時痛を訴えます。

 

【離断性骨軟骨炎】

膝や肘に多く発生する成長痛の一つです。軟骨により関節の動きはスムーズに行われますが、軟骨が関節内で剥がれ落ちる状態です。関節に繰り返し同じストレスや外傷が加わると、軟骨や骨に血流障害を起こす事が原因となります。関節内に落ちた軟骨が浮遊する事により関節の曲げ伸ばしが制限されたりします。

 

【単純性股関節炎】

小児の股関節痛で最も多い原因となる疾患で、通常1~2週間の安静、治療で軽快しますが、化膿性股関節炎、ペルテス病、若年性の関節リウマチ、股関節結核などの初期症状との鑑別も必要。外傷、ウイルス感染、アレルギーなどの説がありますが原因は不明。

 

【ペルテス病】

大腿骨近位骨端部の阻血性壊死を起こす疾患です。男児に多く、歩行時に大腿部に痛みを訴え、異常歩行を認めます。内反股、大転子高位を残し治癒。将来変形性股関節症へと移行します。壊死は完全に修復されますが、続発症も多い。4歳~7歳の骨端核は外側骨端動脈のみで栄養されており、この動脈の閉鎖により起こるとされています。

先天性股関節症、単純性股関節症などの障害から進展する場合もある。

発症年齢:3~12歳位まで

好発年齢:6~7歳

 

・股関節痛が多いが大腿から膝関節にかけて痛みを訴える

・大腿~臀部筋の萎縮

・開排、内旋の可動域制限著明。屈曲拘縮もみられる。

・跛行、股関節部の圧痛、自発痛

 

~成長痛のことなら名古屋市西区のはづき接骨院~
・膝やかかとの痛みを訴える
・股関節や太腿の痛みを訴える
・歩き方がいつもと違う
・オスグッド病
・シーバー病

詳しくはこちらのページをご覧ください

https://hazuki-bs.jp/hazuki1/20200714091901/

はづき接骨院では患者様の症状に合わせ、早期の改善を目指しております。

日常生活での痛みに対し、症状の把握から適切な施術→根本治癒を患者様と共に目指しております!! 交通事故無料相談も随時受付しております‍!

交通事故被害に遭われた方は窓口負担0円にて施術を受けれます!

はづき接骨院
〒451-0014
愛知県名古屋市西区又穂町3-20永安ビル1A
地下鉄鶴舞線「庄内通駅」1番出口から東へ徒歩6分
店舗前共用駐車場13台有り

#はづき接骨院#接骨院#名古屋市西区#妊娠#産後#捻挫#足のしびれ#交通事故治療#骨盤矯正#EMSトレーニング#コルグン#小顔矯正#肩こり#腰痛#膝痛#五十肩#四十肩#腱鞘炎#坐骨神経痛#リハビリ#スポーツ外傷#成長痛#テニス肘#ゴルフ肘#胸郭出口症候群#日曜診療#妊婦#名古屋市北区#マタニティ#庄内通#産後骨盤矯正

 


腰痛の事なら名古屋市西区庄内通のはづき接骨院

腰痛の原因となる主な疾患

腰は5つの「腰椎」により椎間関節を形成します。腰椎間には水分に富んだ「椎間板」と呼ばれるクッションの役割する軟骨が存在します。その他にも筋肉や靭帯、神経、血管も近くを走行します。

腰痛の原因となる疾患は様々で、鑑別が必要になります。

 

 

【ぎっくり腰(急性腰痛症)】

ぎっくり腰は正式には急性腰痛症と呼び、関節や筋肉、椎間板などの炎症と考えられております。

急な動作により腰痛が起こりますが、レントゲン上では異常が無く、しびれなどの神経症状は見られません。

歩けない、動くのもつらい腰痛が出現します。

 

 

【腰部椎間板ヘルニア】

椎間板の外側は線維輪と呼ばれる組織で保護されていますが、重たい物を持ち上げるなど腰に強い負荷がかかったとき、線維輪が損傷を受けることがあります。線維輪が損傷を受けると、内部に存在する髄核が椎間板の外へ飛び出てしまいます。飛び出した髄核が周囲の神経を圧迫することにより足へのしびれや麻痺が生じます。

腰に負担のかかりやすい職業に就いている方などが発症しやすいといわれています。また喫煙習慣や既往症(かかっている病気)などもリスク要因となることが知られています。

 

 

【腰部脊柱管狭窄症】

加齢や先天性により変形した脊椎により脊柱管が狭くなり脊髄を圧迫してしまう状態で、腰痛や足へのしびれも出現します。

長時間、長距離を歩けない、少し休むとまた歩けるようになるといった『間欠性跛行』や前かがみの姿勢を取ると楽になるといった特徴があります。

 

 

【腰椎すべり症】

腰の部分で椎骨が正常な位置からずれた状態をいいますが、椎骨がずれる(すべる)ことにより脊柱管が狭くなります。それにより、脊柱管の中にある神経組織が圧迫され、脊柱管狭窄症と同様な症状が出現します。

①腰椎変性すべり症と②腰椎分離すべり症の2種類に分けられます。このうち頻度が高いのは①変性すべり症です。変性すべり症は加齢に伴い生じ、中年以降の女性に多い傾向があります。

 

 

【腰椎分離症】

過度のスポーツや腰部の回旋などの負担によって、腰椎の後方部分が疲労骨折(分離)する病気です。

主に10代の成長期にみられ、発症すると腰痛や下肢のしびれなどが引き起こされます。

朝起床時に起き上がれない程の腰痛や腰を反らす動作で痛みが憎悪します。

コルセットを着用し安静が必要になります。

 

 

【腰椎圧迫骨折】

交通事故などで生じる非常に強い外力が原因で生じることもあれば、骨粗鬆症やがんの骨転移などによって椎体骨が脆弱化する事で、非常に弱い外力が加わるのみで生じることもあります。

尻もちをついて転倒した時などにも多発します。

腰椎の内部には重要な神経が走行しており、腰椎圧迫骨折を生じて変形した椎体骨などがこれらの神経を圧迫すると、骨折による痛みの他にもしびれや筋力低下などの神経障害を引き起こすことがあります。

 

~腰痛でお悩みの方は名古屋市西区の『はづき接骨院』~
・ぎっくり腰などの急性腰痛
・長年続いている慢性的な腰痛
・足のしびれが続いている
・腰椎すべり症
・脊柱管狭窄症
・腰椎分離症
・病院で手術が必要と言われたが手術は避けたい

詳しくはこちらのページをご覧ください

https://hazuki-bs.jp/hazuki1/20200727140008/

はづき接骨院では患者様の症状に合わせ、早期の改善を目指しております。

日常生活での痛みに対し、症状の把握から適切な施術→根本治癒を患者様と共に目指しております!! 交通事故無料相談も随時受付しております‍!

交通事故被害に遭われた方は窓口負担0円にて施術を受けれます!

はづき接骨院
〒451-0014
愛知県名古屋市西区又穂町3-20永安ビル1A
地下鉄鶴舞線「庄内通駅」1番出口から東へ徒歩6分
店舗前共用駐車場13台有り

#はづき接骨院#接骨院#名古屋市西区#妊娠#産後#捻挫#足のしびれ#交通事故治療#骨盤矯正#EMSトレーニング#コルグン#小顔矯正#肩こり#腰痛#膝痛#五十肩#四十肩#腱鞘炎#坐骨神経痛#リハビリ#スポーツ外傷#成長痛#テニス肘#ゴルフ肘#胸郭出口症候群#日曜診療#妊婦#名古屋市北区#マタニティ#庄内通#産後骨盤矯正

 


肩こり改善なら名古屋市西区庄内通のはづき接骨院

肩こりを改善したい方は名古屋市西区庄内通のはづき接骨院へ

『肩こり』の原因は様々であり、スマートフォンの普及やデスクワークによる不良姿勢、寝具や就寝中の体勢なども肩こりへの大きな原因となっています。

また、ストレートネックなどの頚椎への負担がかかりやすいお体の形態によっても、肩こりが起こる事が考えられています。

肩こりによる頭痛やめまい、耳鳴りなどでお困りの方もはづき接骨院へ多数来院いただき、ご相談をいただいております。

正しい姿勢がどうなのか?

何をすれば肩こりの症状が良くなるのか?

肩こりの原因は?

今より肩こりの症状はよくなるのか?

このようなお悩みを持つ患者様は当院へ一度ご相談ください。

数ある接骨院の中、はづき接骨院では患者様に寄り添い皆様がご納得いただける施術を提供しております。

 

~肩こり改善なら名古屋市西区のはづき接骨院~

☆国家資格者のみ在籍
☆時間が選べる自費診療の導入
☆日曜日も診療
☆平日・土曜日21時まで診療
☆キッズスペース
☆個室施術スペース
☆最新医療機器の導入

 

【腕にしびれがある場合】

首から肩、背中にかけ痛みが続いたりだるさが続く場合、ただの『肩こり』では無い場合があります。

「頚椎椎間板ヘルニア」という病名を聞いたことがあるでしょうか?

頚椎は7個の椎体が連なり頚部を形成します。

それぞれの椎体の間には椎間板と言われるクッションの役割をした軟骨が存在し、中に「髄核」と言われる組織も存在します。

加齢や急な衝撃、交通事故によるむちうちなどによって髄核が椎間板から飛び出し、指先までを支配している神経を圧迫してしまう状態です。

 

【胸郭出口症候群】

肩こりを感じる原因の一つとして「胸郭出口症候群」と言われる状態も考えられます。

なで肩の女性や猫背の方に多く、肩関節を上げたりすると上肢から手指にかけ、シビレや冷感を感じます。

脱力感や頚部、肩、肩甲骨、前胸部に疼くような痛みが生じます。

頚部から手指まで伸びている神経や鎖骨下動脈は

①前斜角筋と中斜角筋の間

②鎖骨と肋骨の間

③小胸筋の下層の間

この3つの部位で絞扼を受けやすい構造になっています。

猫背やスラウチ姿勢により鎖骨が下に押し下げられ、なで肩を強いられるストレートネックも原因の一つになります。

小さいお子さんを抱っこしたり、抱っこ紐により圧迫されやすいお母さんなどに多くみられます。

 

【頚椎症】

加齢により椎間板が擦り減ってしまい、変形した頚椎が脊髄や神経を圧迫することで首の痛みや肩こりの症状、手にしびれや力が入らないなどと言った症状が起こります。

肩こりの症状でお悩みの方は他の疾患が隠れていたり、肩こりの原因が他にあるケースがございます。

原因の追究、鑑別、根本治癒を目指す必要がありますので必ず専門家へご相談ください。

名古屋市西区のはづき接骨院では患者様に寄り添い、原因の追究、根本治癒を目指せる接骨院として話題です。

 

詳しくはこちらのページをご覧ください

https://hazuki-bs.jp/hazuki1/20200727140008/

はづき接骨院では患者様の症状に合わせ、早期の改善を目指しております。

日常生活での痛みに対し、症状の把握から適切な施術→根本治癒を患者様と共に目指しております!! 交通事故無料相談も随時受付しております‍!

交通事故被害に遭われた方は窓口負担0円にて施術を受けれます!

はづき接骨院
〒451-0014
愛知県名古屋市西区又穂町3-20永安ビル1A
地下鉄鶴舞線「庄内通駅」1番出口から東へ徒歩6分
店舗前共用駐車場13台有り

#はづき接骨院#接骨院#名古屋市西区#妊娠#産後#捻挫#足のしびれ#交通事故治療#骨盤矯正#EMSトレーニング#コルグン#小顔矯正#肩こり#腰痛#膝痛#五十肩#四十肩#腱鞘炎#坐骨神経痛#リハビリ#スポーツ外傷#成長痛#テニス肘#ゴルフ肘#胸郭出口症候群#日曜診療#妊婦#名古屋市北区#マタニティ#庄内通#産後骨盤矯正

 


産後骨盤矯正なら名古屋市西区庄内通のはづき接骨院

産後骨盤矯正なら名古屋市西区のはづき接骨院へお任せください!

普段から足を組む癖がある、重心が片側に傾いている、足の長さが違う気がする。

その様なお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

骨盤の歪みにより身体に悪影響を及ぼす事もあります。

姿勢が悪く肩こりや頭痛、首の痛みが改善しない

・骨盤の歪みにより側弯していて、背中の筋肉が張る

・腰痛が改善しない

・足がむくむ、冷え性

・O脚、X脚

・基礎代謝量が低下、下半身太り

 

骨盤は上半身と下半身をつなぐ要です。

内臓を保護し、女性は赤ちゃんを育てる為の大事な空間になります。

よくある質問で、産後骨盤矯正は必要なのか?という質問をいただきます。

答えは必ずやる必要は無いと思います。ただし、骨盤の歪みにより身体への影響がある場合は施術を行うべきだと考えます。

女性は妊娠成立してから出産直後にかけて「リラキシン」と言われるホルモンが増加します。この「リラキシン」は骨盤の靭帯を緩め、赤ちゃんが産道を通りやすくする働きをします。骨盤の靭帯を緩めるだけではなく、「恥骨結合」や「仙腸関節」という部分まで緩めてしまう為、体を支える力が弱くなり、腰痛の原因になったりするケースもございます。

このように骨盤の歪みなどの背景から起こる痛みに対しては早期に改善をしていった方がいいでしょう。

骨盤の歪みの種類

【骨盤前傾タイプ】

・骨盤が前傾し、胸やお尻が突き出た姿勢になりやすく、反り腰の状態になりやすい。

・反り腰を強いられる為、腰痛になりやすい。

・太腿の筋肉が張りやすい

・ハイヒールを履く女性に多い

・加齢や産後などの腹筋が弱っている状態の時に起きやすい

 

【骨盤後傾タイプ】

・骨盤が後傾し、背中を曲げ、頭を前に突き出すようにバランスをとる為、猫背やぽっこりお腹の原因となる

・膝痛や肩こりの原因となる

 

【骨盤開きタイプ】

・骨盤が開いた状態

・産後の方や足を組んだり、あぐらをかいたりする方に多い

・下半身太りやO脚になりやすい

・筋力の低下も考えられる

 

【傾きタイプ】

・正面から見た時、左右の骨盤の高さが違う状態。

・片側の筋力が強かったり、片側の筋力が落ちていて、バランスがうまく取れていない方に多い

・側弯症になりやすい

 

【ねじれタイプ】

・うつ伏せで寝てみた場合、片側のお尻の盛り上がり方が違う状態。

・体幹の回旋が向きやすい方と向きにくい方がある

・肩こりや腰痛、背部痛が起きやすい

骨盤の歪みにより様々な影響を及ぼしますが、予防法、改善法は?

・骨盤ベルトを着ける

・ストレッチ

・産後骨盤矯正をする

まずはこの3つになります。

継続的な施術により、少しずつ正常な位置に戻すことが大事です。

 

産後骨盤矯正をしたくても値段が高くて続かない。
その様な患者様のお悩みを解決します。

産後骨盤矯正は継続して徐々に改善していくものです。一度の施術に高額な料金を払うのはやめましょう。

はづき接骨院では患者様が通院しやすい環境作りを常に考えております。

 

特に身体の不調は無く、骨盤矯正のみをご希望される場合でもお気軽にご相談ください。

3D・EMSによる腹筋トレーニングや腸活プランもご用意しております。

健康保険にて通院中の患者様は330円(税込)にて産後骨盤矯正を受けることが出来ます!

例)子供を抱っこしようとした際、腰を痛めて当院へ通院中→骨盤矯正も希望→窓口料金+330円

 

産後骨盤矯正はいつまでやればいいの?

個人差はありますが出産後3~4ヶ月を目安に緩んだ靭帯が元に戻ろうと働きます。

出来ればこの期間中に骨盤矯正を行い、骨盤の歪みを防ぐのが理想でしょう。

もちろん期間が過ぎても産後骨盤矯正は可能ですので一度はづき接骨院へご相談ください。

 

詳しくはこちらのページをご覧ください

→https://hazuki-bs.jp/hazuki1/20200805085803/

はづき接骨院では患者様の症状に合わせ、早期の改善を目指しております。

日常生活での痛みに対し、症状の把握から適切な施術→根本治癒を患者様と共に目指しております!! 交通事故無料相談も随時受付しております‍!

交通事故被害に遭われた方は窓口負担0円にて施術を受けれます!

はづき接骨院
〒451-0014
愛知県名古屋市西区又穂町3-20永安ビル1A
地下鉄鶴舞線「庄内通駅」1番出口から東へ徒歩6分
店舗前共用駐車場13台有り

#はづき接骨院#接骨院#名古屋市西区#妊娠#産後#捻挫#足のしびれ#交通事故治療#骨盤矯正#EMSトレーニング#コルグン#小顔矯正#肩こり#腰痛#膝痛#五十肩#四十肩#腱鞘炎#坐骨神経痛#リハビリ#スポーツ外傷#成長痛#テニス肘#ゴルフ肘#胸郭出口症候群#日曜診療#妊婦#名古屋市北区#マタニティ#庄内通#産後骨盤矯正