【股関節の痛み】の事なら名古屋市西区庄内通のはづき接骨院へ

【股関節の痛みなら名古屋市西区庄内通のはづき接骨院にお任せ下さい】

股関節の構造

股関節は、大腿骨の先端にあるボールの形をした『大腿骨骨頭』と、骨盤側で骨頭の受け皿になる深いお椀の形をした『臼蓋』との組み合わせで出来た、球関節です。正常な股関節では、寛骨臼が骨頭の約4/5を包み込むことで関節を安定させています。股関節には、普通に歩くだけでも体重の3~4倍の力がかかるといわれています。この力を支えられるよう、股関節は筋肉や腱などで全体を覆われており、安定性を保ったままいろいろな方向に動かすことができます。
股関節の機能を正常に維持するためには、関節の骨に負担をかけ過ぎないようにしながらも、まわりの筋肉を常に鍛えておくことが非常に大切です。

股関節の疾患
・変形性股関節症
・大腿骨頭壊死
・関節リウマチ
・大腿骨衝突症候群
【変形性股関節症】
変形性股関節症は名前の通りに股関節に変形をきたしている総称で、具体的には、関節軟骨が磨耗して関節腔が狭小化した状態を指します。
有病率は1〜4%で女性に好発し、基礎疾患として先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全が半数以上に存在しています。
変形性股関節症の前期は運動後に違和感や疲れを感じていることが多く、関節に炎症が生じることで次第に痛みとして認識します。
日常生活においては、股関節の屈曲制限にて階段昇降や靴下の着脱が難しくなり、鼡径部の痛みとして訴えることが多いです。
【大腿骨頭壊死】
何らかの原因によって大腿骨頭の一部の血流が悪くなり、大腿骨頭が壊死する病気です。一度壊死した骨は元に戻らず、壊死した骨が骨折したり骨頭が潰れたりしていくことで、股関節が痛くなり、歩行が困難になる場合があります。
大腿骨頭壊死症の原因は、明確に解明されいませんがいくつかの危険因子として「アルコールの多飲歴」や「大量のステロイド使用歴」などがリスクを高めると言われていますが、突然発症する場合もあります。放置すると骨頭が潰れてしまい、著しい変形とともに非常に痛みを感じるようになります。
【関節リウマチ】
免疫の異常が関係する病気(自己免疫疾患)です。免疫の異常により、全身のあらゆる関節のなかにある滑膜に炎症が起こり、「腫れ」や「こわばり」などを発症します。腫れ上がった滑膜は、軟骨部分や靭帯を破壊し、進行すれば骨をも破壊して関節の機能を損なうようになります。関節リウマチは放っておくと、やがて関節が変形してしまいます。
【大腿骨衝突症候群】
ここ数年で新しくわかってきた病態で、以前は「変形性股関節症の一部」と考えられていました。股関節を深く曲げたりひねるような動作を繰り返すことで、大腿骨と臼蓋がぶつかり、軟骨に痛みが出始めます。初期の段階では、車の乗り降りやしゃがむ動作をすると鋭い痛みを感じますが、普段の歩行では痛みを感じることはありません。他にも腰椎椎間板ヘルニアや仙腸関節障害などでも股関節に痛みがでる場合もあります

~このような症状でお困りではありませんか?~
・段差があると股関節の付け根に痛みがでる
・運動をすると股関節が痛くなる
・歩いたとき股関節が痛くなる
・股関節が痛くて前屈みになれない
・立ち上がる時に股関節が痛い

【股関節の痛みは名古屋市西区のはづき接骨院へ】

名古屋市西区のはづき接骨院では問診から視診・触診で得た情報をもとに患者様へ股関節の状態、股関節の痛みの原因の説明をしっかりとさせていただきます。患者様が納得いく施術を心掛けております。患者様一人一人の症状に合わせた施術を行い、症状の改善、予防を目指します。

股関節に痛みがある方は『名古屋市西区のはづき接骨院』へ

店舗名 はづき接骨院
住所 愛知県名古屋市西区又穂町3-20 永安ビル1A
電話番号 052-908-3334
受付時間 火~土9:00~12:00/15:00~20:00

日・月10:00~16:00(予約制)

定休日 不定休
最寄り 地下鉄鶴舞線 庄内通 駅から徒歩5分

アクセス

最寄りの地下鉄舞鶴線「庄内通駅」より徒歩5分でご来院いただけるアクセス良好な立地にあり、地元にお住まいの多くの方にお越しいただいております。遅い時間や日曜日にも診療しておりますので、安心してご来院ください。

【腱鞘炎治療なら名古屋市西区庄内通のはづき接骨院へ】

【腱鞘炎の治療なら名古屋市西区庄内通のはづき接骨院へ】
このような症状でお困りではありませんか?

・指を曲げると痛い
・指を伸ばせない
・朝起きたら固まっている
・力が入らない
・物を持ったり掴んだりすると痛い

これらの症状は腱鞘炎の症状かもしれません。

【腱鞘炎とは?】
腱鞘炎とは、骨と筋肉をつないでいる“腱”を包む“腱鞘”と呼ばれる組織に繰り返しの摩擦が生じることによって、炎症が生じる状態です。
代表的なものでは、重たい物を繰り返し持ったり、手の使い過ぎによって手首の親指側にある腱鞘に発症するドケルバン病、指の腱鞘に発症するばね指などがあげられます。
腱鞘炎を発症すると、指や手首に痛みが生じるだけでなく、腱鞘が腫れて狭窄するため、腱のスムーズな動きが妨げられて手首や指の動きが悪くなることも少なくありません。また、周辺の神経を刺激することでしびれが走ることもあります。

【ドケルバン病】
親指を広げると手首の母指側に2本の腱が浮かび上がります。
ドケルバン病とは、母指側の線である『短母指伸筋腱』と『長母指外転筋』が手首の背側を通るところに生じる腱鞘炎です。原因は手を過剰に使用することにある為、キーボードを打つデスクワークの方や、調理師や美容師、主婦の方などに多くみられます。
また、育児中の女性にも好発し、女性ホルモンとの関連も大きいです。

【ばね指】
指の腱鞘が何らかの原因により浮腫み、分厚くなったり硬くなったりすると、腱鞘とその中を通っている屈筋腱がこすれ合い、炎症を起こし腫れてきます。腫れた部分が引っかかり、指を伸ばそうと強い力を加えると「カクン」と跳ねるようになります。このように発症するのがばね指です。

【名古屋市西区庄内通のはづき接骨院では腱鞘炎の治療を得意としております】

腱鞘炎は主に指や手首を酷使することにより引き起こされます。

テーピングや固定具により安静を図り、腫れや痛みを抑えていきます。
当院では患者様の指に合った固定具の作成も行っており、患者様のライフスタイルに合わせ固定方法も考えていきます。
ハイボルテージによる最新物理療法により、腱鞘炎やばね指の症状の早期改善、再発予防を目指します。

腱鞘炎などの指の痛みなどでお悩みの方は名古屋市西区のはづき接骨院へご相談ください。

店舗名 はづき接骨院
住所 愛知県名古屋市西区又穂町3-20 永安ビル1A
電話番号 052-908-3334
受付時間 火~土9:00~12:00/15:00~20:00

日・月10:00~16:00(予約制)

定休日 不定休
最寄り 地下鉄鶴舞線 庄内通 駅から徒歩5分

アクセス

最寄りの地下鉄舞鶴線「庄内通駅」より徒歩5分でご来院いただけるアクセス良好な立地にあり、地元にお住まいの多くの方にお越しいただいております。遅い時間や日曜日にも診療しておりますので、安心してご来院ください。
まとめ

【腱鞘炎の治療なら名古屋市西区庄内通のはづき接骨院へ】

・腱鞘炎は腱を包む『腱鞘』に炎症が起こる状態

・腱鞘炎は手や指の使い過ぎによる事や女性ホルモンとの関係が深い

・腱鞘炎が酷くなると、腱が腫れて、ばね指へと進行する

・腱鞘炎は固定具やテーピング処置により、安静を図る事が大事

・ハイボルテージ療法は腱鞘炎治療にも大きな効果を期待出来る。

・腱鞘炎でお悩みの方は名古屋市西区のはづき接骨院へ

【外反母趾・扁平足治療】名古屋市西区はづき接骨院

外反母趾の治療なら名古屋市西区のはづき接骨院へ

【外反母趾とは】

外反母趾とは、足の指の変形で母趾(親指)の付け根の関節が、第二趾(人差し指)の方へ『くの字』に曲がった状態をいいます。
母趾の関節は通常、第二趾の方へと沿って曲がっていますが、この角度が20度以上の物を外反母趾とすることが一般的です。

母趾の付け根の関節は足の内側に大きく突き出し、靴との摩擦で強い痛みが生じる為、歩行障害の原因になります。
外反母趾は長年の経過に伴って、変形していく変形性関節症の一種ですので、重症化する前に進行を予防する事が大切です。
【外反母趾の原因】外反母趾は若年者にも多くみられます。扁平足や開張足、関節が柔らかい人や母趾の長い人が、外反母趾になりやすいといわれています。
特に扁平足や開張足では、足のアーチ構造が崩れ、立位になると足の前の部分が全体的に扇状に広げられます。この場合、靴を履いたときに、広がった足先が靴先に圧迫されて外反母趾を誘発すると考えられています。
他にも、ハイヒールや足先の細い靴を履くことにより、足先に過剰な力が加わります。その結果、外反母趾を引き起こすとされています。

さらに加齢による筋力の低下などによって足のアーチ構造が崩れることも原因になります。

【名古屋市西区はづき接骨院では外反母趾の治療を得意としています】

外反母趾は進行性の変形性関節症である為、これ以上変形しないようにすることが大切です。
名古屋市西区のはづき接骨院では患者様の症状、状態、ライフスタイルに合わせた処置や簡単に出来るトレーニング、リハビリ方法をお伝えしており、テーピング処置やインソールの処方などで外反母趾や扁平足を改善していきます。

足の指の痛み、外反母趾、扁平足などでお悩みの方は1度名古屋市西区の『はづき接骨院』へ

店舗名 はづき接骨院
住所 愛知県名古屋市西区又穂町3-20 永安ビル1A
電話番号 052-908-3334
受付時間 火~土9:00~12:00/15:00~20:00

日・月10:00~16:00(予約制)

定休日 不定休
最寄り 地下鉄鶴舞線 庄内通 駅から徒歩5分

アクセス

最寄りの地下鉄舞鶴線「庄内通駅」より徒歩5分でご来院いただけるアクセス良好な立地にあり、地元にお住まいの多くの方にお越しいただいております。遅い時間や日曜日にも診療しておりますので、安心してご来院ください。
まとめ

【外反母趾・扁平足治療なら名古屋市西区はづき接骨院へ】

・親指が人差し指側へ20°以上曲がった状態を外反母趾とする

・外反母趾は変形性関節症の一種で、進行性の為、早めの施術を要する

・外反母趾は、扁平足や開張足が主要原因となる。

・名古屋市西区はづき接骨院では、外反母趾や扁平足に対する処置や予防トレーニングも可能

・外反母趾や扁平足でお悩みの方は名古屋市西区のはづき接骨院へ

【変形性膝関節症について】名古屋市西区『はづき接骨院』

【変形性膝関節症】名古屋市西区のはづき接骨院
変形性関節症
【変形性膝関節症とは】
体重や加齢、筋力の低下などの影響から、膝の軟骨がすり減り膝に強い痛みを生じる疾患です。
女性に多く、股関節の硬さや足部への体重の乗り方など、膝以外の影響からも変形性膝関節症になることがあります。
膝は体重負担が大きくかかる部位であり、変形性膝関節症の発症を防ぐ為には、体重を増やしすぎないようにコントロールすることが重要です。
さらに、膝周囲の筋力をしっかりと保持することも、膝への負担を軽減させるためには有効だと考えられています。
変形性膝関節症は、ほとんどが内側の軟骨が摩耗し、いわゆるO脚(内反変形)が進行していくことになります。これは、歩行時に急激な膝関節の内反動揺(膝が外側に向く動作)が起こるもので、その状態で歩き続けると膝関節内側に負担が集中します。
その結果、内側の関節軟骨や半月板が摩耗していき、膝関節の内反変形を引き起こします。
股関節内転筋群、内側広筋が弱化している場合や、膝関節伸展制限があるケースで発生しやすいです。
【軟骨と半月板】

膝関節は、太ももにあたる『大腿骨』とスネにあたる『脛骨』の継ぎ目にある関節で、歩行において重要な役割を果たします。
膝の前方には膝のお皿『膝蓋骨』があり、これら3つの骨から成り立っています。

これらの骨同士が互いに直接接触すると、大きな摩擦が生じ骨の摩耗につながってしまいます。膝関節内の骨の表面を覆う軟骨は、この摩擦を防ぎ、スムーズな関節の動きを実現しています。
さらに、大腿骨と脛骨の関節面の間には『半月板』があり、主にクッションの役割を果たします。この半月板は、アワビの刺身のような硬さで、コラーゲン繊維からできています。膝を曲げ伸ばしすると半月板が動き、そのおかげでスムーズに膝を曲げることができます。
【変形による影響】

関節内の軟骨の摩耗により徐々に関節の隙間が無くなっていきます。
軟骨が摩耗して剥がれたりすると、その一部が関節内を遊離して、関節包の内膜である『滑膜』を刺激して炎症を起こします。
滑膜は関節内に滑液を分泌する役割を担っていますが、炎症が起きると滑液を過剰に分泌して関節内に水が溜まり、関節水腫(いわゆる水が溜まった状態)を引き起こします。
また、炎症が長期間にわたって持続すると次第に滑膜は肥厚します。
関節内組織である関節軟骨や半月板の一部は滑液から栄養を補給しているので、滑膜の炎症や肥厚は組織変性を加速させる原因になります。
周辺組織が変性すると膝関節にかかる荷重圧を均等に分散できず、部分的な負担が高まって変形性膝関節症を助長します。

【名古屋市西区はづき接骨院の変形性膝関節症への治療】

患者様の症状や膝の痛みの原因を明確にし、手技(マッサージ)をベースに周囲の筋肉や軟骨などにアプローチをかけていきます。
高電圧のハイボルテージ療法による物理療法を用いて、ハイパフォーマンスの施術を行い、早期の改善を可能とします。
大腿四頭筋(太ももの筋肉)の筋力UPは変形性膝関節症や膝の負担の軽減に不可欠です。
EMS(電気による筋力UP)トレーニングにより大腿四頭筋を鍛えるプログラムもご用意しております。

膝の痛み(変形性膝関節症)のことなら名古屋市西区はづき接骨院へ
【膝の痛みには痛みの部位によってどんな疾患なのか鑑別が必要です】

膝の疾患

✅変形性膝関節症
✅半月板損傷
✅鵞足炎
✅ジャンパー膝
✅ランナー膝
✅オスグッド
✅靭帯損傷        など

膝の痛みでお悩みの方は【名古屋市西区のはづき接骨院⠀】へお気軽にご相談ください。
店舗名 はづき接骨院
住所 愛知県名古屋市西区又穂町3-20 永安ビル1A
電話番号 052-908-3334
受付時間 火~土9:00~12:00/15:00~20:00

日・月10:00~16:00(予約制)

定休日 不定休
最寄り 地下鉄鶴舞線 庄内通 駅から徒歩5分

アクセス

最寄りの地下鉄舞鶴線「庄内通駅」より徒歩5分でご来院いただけるアクセス良好な立地にあり、地元にお住まいの多くの方にお越しいただいております。遅い時間や日曜日にも診療しておりますので、安心してご来院ください。
まとめ

【変形性膝関節症なら名古屋市西区のはづき接骨院へ】

・変形性膝関節症は女性に多く、O脚変形によるものが多い

・変形性膝関節症は筋力の低下、体重の増加が要因

・加齢に伴い、軟骨の擦り減りが起こる

・滑膜の炎症により関節水腫(膝に水が溜まる)

・変形性膝関節症は内側に起こりやすい

・変形性膝関節症への予防には大腿四頭筋の強化が有効

・はづき接骨院では変形性膝関節症の予防・症状の緩和を承っております。

変形性膝関節症でお悩みの方は名古屋市西区のはづき接骨院へ