【令和3年8月1日より予約優先制へ変更のお知らせ】

日頃より、数多くの接骨院がある中、名古屋市西区のはづき接骨院を頼って頂き、心より感謝申し上げます。

突然の変更お知らせにより、患者様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、上記期日より変更点がございますのでお知らせを申し上げます。

待ち時間の軽減及び患者様1人1人の施術パフォーマンス向上の為、下記のように運営を変更させていただきます。

今後とも名古屋市西区のはづき接骨院を何卒宜しくお願い致します。

【変更点・注意点】

①月曜日と土曜日の診療時間が変更となります

②日曜日が休診となります

③午後の診療時間が15時から→14時からになります

④全日予約優先制となります ※当日予約も承ります

⑤料金形態の変更

⑥予約は公式LINEもしくは電話にて(052-908-3334)

⑦祝日の診療時間は公式ホームページのブログをご覧ください

 

【公式LINEアカウント】@944umuzi

【公式LINE URL】-https://lin.ee/r4dB6Zk

 

【受付時間】※全日予約優先制

【月曜日~金曜日】

午前9:00~12:00

午後14:00~20:00

【土曜日】

午前9:00~12:00

午後14:00~18:00

【日曜日】

休診

 

【交通事故治療について】名古屋市西区庄内通のはづき接骨院

【交通事故治療なら名古屋市西区庄内通のはづき接骨院へ】

全国交通事故件数上位の愛知県

<愛知県の交通事故発生状況>

令和3年5月の交通事故
・死亡事故は、40件 40人
・人身事故件数は、2.8%の減少
・負傷者数は、3.4%の減少
・重傷者数は、10.4%の減少

名古屋市交通事故(人身事故数 令和3年5月)

3,276件

 

~目次~

①『交通事故治療でかかる通院費用は誰が負担?』

②『交通事故治療は整形外科?それとも接骨院や整骨院?』

③『交通事故治療は通院慰謝料が受け取れる?』

④『交通事故治療は整形外科と接骨院・整骨院両方通院できるのか?』

⑤『知らないと損をしてしまう事』

 

万が一、不慮な交通事故被害に遭った、交通事故を起こしてしまった場合は様々な心配事や不安で悩まれるケースが多いと思います。

名古屋市西区庄内通のはづき接骨院では、交通事故による不安やお悩みを解決出来るよう、様々な角度からサポートをさせていただきます。

 

①『交通事故治療でかかる通院費用は誰が負担?』

交通事故治療を受ける場合は、主に【自賠責保険】を使用しての通院が認められます。【自賠責保険】とは強制保険とも呼ばれ、自動車を所持される方は必ず加入しなければならない保険です。

《自賠責保険の補償内容》

治療関係費、文書料、休業損害、慰謝料、逸失利益、慰謝料等、葬儀費、逸失利益、慰謝料(本人および遺族)などです。

交通事故治療を受ける場合は【自賠責保険】を使用しての通院が認められるので、通院費用はかかりません。(窓口負担0円)

自損事故の場合は【人身傷害補償保険】などに加入されていれば通院費や通院慰謝料(一日通院4300円)なども受け取る事が可能です。

 

②『交通事故治療は整形外科?それとも接骨院や整骨院?』

交通事故を起こしてしまった場合や交通事故被害に遭われた場合は、どんな些細な交通事故でも必ず警察への届け出を怠らないようにしてください。

交通事故直後は痛みが無くても、時間の経過と共に痛みが出てくるケースも少なくありません。

この際に、警察への届け出をしていないと【交通事故証明】が受けられず、保険会社から通院を認められなくなります。

また、医師からの【診断書】が必要になるので、整形外科や病院への通院は必須となります。

もちろん接骨院や整骨院→整形外科や病院と言う流れも可能です。

当院では紹介状をご用意し、提携先の整形外科へのご紹介も行っております。

整形外科や病院へ受診後、接骨院や整骨院で交通事故治療を受ける事ももちろん可能です。

 

・整形外科や病院は早く閉まる為なかなか通院出来ない

・待ち時間が長いのがネック

・湿布や痛み止めなど出されて何もしてくれない

などのお悩みをお持ちの方は名古屋市西区庄内通のはづき接骨院へご相談ください。

治療途中での転院も可能です。

 

③『交通事故治療は通院慰謝料が受け取れる?』

交通事故の場合は、一日通院に対し4300円の通院慰謝料が受け取る事が可能です。

詳しくは下記URLよりご覧ください↓

【交通事故被害による慰謝料計算方法】

https://hazuki-bs.jp/hazuki1/trafficaccident/isyaryou/

 

④『交通事故治療は整形外科と接骨院・整骨院両方通院できるのか?』

損保会社より、『接骨院への通院は認めない、整形外科や病院に通院してください』と言われるケースがありますが、原則どこで交通事故治療を受けるかは患者様の自由です。

月に1度、経過観察の為に整形外科や病院に通院、それ以外は接骨院や整骨院でリハビリを受けるという流れが望ましいでしょう。

 

⑤『知らないと損をしてしまう事』

交通事故治療もしばらくの期間が過ぎ、負傷箇所が治癒、または症状固定となり治療を終えると、通院慰謝料などの最終確認が損保会社より行われます。

この際支払われる通院慰謝料は、3つの算定基準により大きく金額が変わるケースもございます。

弁護士基準が一番高く算定されます。

名古屋市西区庄内通のはづき接骨院では、弁護士とも連携を取っておりますので、お気軽にご相談ください。

ご自身加入保険の【弁護士特約】が付帯しているかご確認ください。

 

店舗名 はづき接骨院
住所 愛知県名古屋市西区又穂町3-20 永安ビル1A
電話番号 052-908-3334
受付時間 火~土9:00~12:00/15:00~20:00

日・月10:00~16:00(予約制)

定休日 不定休
最寄り 地下鉄鶴舞線 庄内通 駅から徒歩5分

アクセス

最寄りの地下鉄舞鶴線「庄内通駅」より徒歩5分でご来院いただけるアクセス良好な立地にあり、地元にお住まいの多くの方にお越しいただいております。遅い時間や日曜日にも診療しておりますので、安心してご来院ください。

 

腰痛の原因・4つの分類|名古屋市西区はづき接骨院

【腰痛なら名古屋市西区のはづき接骨院へ】

【腰痛の原因】
腰痛の原因は大きく分けると4つに分類できます。
①筋・筋膜性腰痛
②椎間板症性腰痛
③椎間関節性腰痛
④仙腸関節障害
これらの原因から腰椎椎間板ヘルニアや狭窄症など様々な疾患へと繋がっていきます。

【それぞれの原因についての解説】
①筋・筋膜性腰痛
筋肉または、『筋膜』の硬直による痛みである。
筋膜とは、筋肉を包んでいる膜で、浅筋膜と深筋膜とがあり、この組織が硬くなることで、筋肉の動き自体が悪くなります。結果、筋肉の硬直を起こし、痛みを誘発します。筋膜は感受性が高く、痛みを感じやすい組織であり、普段の姿勢、デスクワークや車の運転姿勢など、日常で多くとる姿勢により硬くなりやすい。

腰痛を誘発しやすい筋肉
・腰方形筋
・脊柱起立筋(特に多裂筋)

②椎間板症性腰痛
腰の骨は5つの椎骨からなり、その間には『椎間板』とゆうクッションの役割を持つ組織があります。椎間板は腰にかかる負担の80%を受け止めており、残り20%を椎間関節が担っています。
この椎間板に負担を掛けすぎると、損傷を起こしたり、炎症を起こしたりと腰痛のきっかけになります。
椎間板に最も負担がかかる姿勢は『座った状態での前屈姿勢』2番目は『立位での前屈姿勢』3番目に『座った姿勢』です。
前かがみの姿勢になる事で椎間板の圧力が上昇し、痛みを誘発します。また、急激な負荷により椎間板内の髄核が外に飛び出し、神経を圧迫してしてしまうと『椎間板ヘルニア』へと繋がる恐れがあります。

③椎間関節性腰痛
腰の骨は5つ椎骨からなり、椎骨間には『椎間板』とゆうクッションがありますが椎間関節は椎骨の後方で関節を作っています。主に体を反らすなどの動作において負担がかかり、繰り返しの動作や周囲筋肉の硬直などで関節の負担が強くなると炎症を起こします。

④仙腸関節障害
骨盤は、中心に位置する仙骨(尾てい骨の上の骨)の左右を腸骨という骨が挟む形をしています。仙骨と腸骨のつなぎ目に当たる部分を「仙腸関節」と呼びます。仙腸関節自体は数mmしか動きませんが、脚と身体をつなぐ重要な関節で、上半身の重さや地面からの衝撃を受け止めるために、固い靭帯で幾重にも覆われています。
仙腸関節が緩んでしまったり固まってしまったりすると腰痛や臀部痛、鼠径部の痛みなどを引き起こす原因になります。

腰痛を引き起こす原因は様々ですが、その原因に対して不良姿勢が悪影響を及ぼしているケースは多いです。不良姿勢には筋肉の低緊張(緩み)や過緊張(短縮)が関与しており、それぞれの姿勢には腰痛を引き起こす原因があり、腰痛を繰り返し起こす方には原因を追求しないまま同じ負担を腰に掛けすぎていると考えられます。
名古屋市西区のはづき接骨院では腰痛の原因をはっきりさせ、根本治療はもちろん、再発防止のトレーニング指導なども承っております。
腰痛でお困りの方は名古屋市西区のはづき接骨院へご相談ください。

 

 

店舗名 はづき接骨院
住所 愛知県名古屋市西区又穂町3-20 永安ビル1A
電話番号 052-908-3334
受付時間 火~土9:00~12:00/15:00~20:00

日・月10:00~16:00(予約制)

定休日 不定休
最寄り 地下鉄鶴舞線 庄内通 駅から徒歩5分

アクセス

最寄りの地下鉄舞鶴線「庄内通駅」より徒歩5分でご来院いただけるアクセス良好な立地にあり、地元にお住まいの多くの方にお越しいただいております。遅い時間や日曜日にも診療しておりますので、安心してご来院ください。

【ハイボルテージ療法】|名古屋市西区はづき接骨院

名古屋市西区のはづき接骨院では『ハイボルテージ療法』の導入もしております。

ぎっくり腰や寝違え、交通事故によるむち打ち症などの急性期の症状や疾患から慢性的な肩こりやしびれ症状など、幅広く様々な症状に大きな治療効果を発揮出来る、当院自慢の治療法の一つです。

現在通院頂いている、患者様からもご好評の治療メニューです。

ハイボルテージ療法は高電圧を用いた施術法であり、従来の低周波治療器や干渉波では届かない深部の筋肉や神経、軟骨組織にまで刺激を与えられる為、幅広い症状に対してアプローチが可能となります。

急な痛みや、長年お悩みの症状を抱えてみえる方は一度ご相談ください!

 

【このような症状でお困りの方におすすめ】
・寝違え
・交通事故によるむちうち症
・肩こりや頭痛
・四十肩五十肩
・急性腰痛症(ぎっくり腰)
・胸郭出口症候群
・椎間板ヘルニア
・肘関節痛(テニス肘・野球肘)
・膝関節痛(半月板損傷・靭帯損傷・変形性膝関節症)

 

【ハイボルテージにより期待できる事】

・動かしにくい、可動域制限があった首が動くようになった

・肩こりが軽くなる

・頭痛がおさまった、頻度が減った

・上がらなかった肩が上がるようになった

・手のしびれや足のしびれが消失した

・胸部や背部の詰まった感じが解放された

・手や足に力が入るようになった

・ぎっくり腰後に動けるようになった

・肘の痛みが軽くなった、痛みが軽減した

・歩行や階段の上り下りの痛みが減った

 

店舗名 はづき接骨院
住所 愛知県名古屋市西区又穂町3-20 永安ビル1A
電話番号 052-908-3334
受付時間 火~土9:00~12:00/15:00~20:00

日・月10:00~16:00(予約制)

定休日 不定休
最寄り 地下鉄鶴舞線 庄内通 駅から徒歩5分

アクセス

最寄りの地下鉄舞鶴線「庄内通駅」より徒歩5分でご来院いただけるアクセス良好な立地にあり、地元にお住まいの多くの方にお越しいただいております。遅い時間や日曜日にも診療しておりますので、安心してご来院ください。

【突き指・基節骨骨折】名古屋市西区庄内通のはづき接骨院

名古屋市西区庄内通のはづき接骨院では、突き指などのケガで来院される方も多数みえます。当院にみえた突き指による骨折の症例をご紹介いたします。

 

11歳男性 サッカーの練習中に手でボールを受けた際、右手小指を突き指し受傷。

痛みと腫れが徐々に強くなり当院へ来院

痛みや腫れ、圧痛、小指の曲げ伸ばしの痛みが強い為、固定にて処置。

近くの整形外科へレントゲンを撮りに行った結果、小指基節骨部の骨折と診断されました。

骨折後2週間ほどプライトンにて固定。

固定除去後も腫れや小指を曲げたり伸ばしたりする際の痛み、可動域制限が残っておりました。

当院にて引き続き電気治療や固定を作成、テーピング処置をすることにより、徐々に痛みや腫れ、可動痛、可動域制限も改善されてきました。

小指を曲げた時の可動域制限の違いがよくわかります。

横から見た可動域制限の画像です。

第一関節、第二関節もしっかり曲がるようになりました。

腫れもだいぶ引いています。しわもしっかりと出て来ています。

 

どうゆう状況、どういった外力により突き指をしたかにより、

『関節の捻挫』や『靭帯』や『掌側板』の損傷のみで済んでいる場合もありますが、今回のように【骨折】をしている場合もあります。

大した事のない突き指と自己判断し、骨折を見逃すと、損傷部位に大きな障害を残す場合も考えられますので、必ず専門家にご相談ください。

 

名古屋市西区庄内通のはづき接骨院は、ケガの治療を得意としております。

お気軽にご相談ください。

 

店舗名 はづき接骨院
住所 愛知県名古屋市西区又穂町3-20 永安ビル1A
電話番号 052-908-3334
受付時間 火~土9:00~12:00/15:00~20:00

日・月10:00~16:00(予約制)

定休日 不定休
最寄り 地下鉄鶴舞線 庄内通 駅から徒歩5分

アクセス

最寄りの地下鉄舞鶴線「庄内通駅」より徒歩5分でご来院いただけるアクセス良好な立地にあり、地元にお住まいの多くの方にお越しいただいております。遅い時間や日曜日にも診療しておりますので、安心してご来院ください。