【腰痛】仙腸関節障害について|名古屋市西区はづき接骨院

【腰痛】仙腸関節障害について

骨盤は、寛骨、仙骨、尾骨の3つの骨で構成されます。
その中心に位置する仙骨(尾てい骨の上の骨)の左右を腸骨という骨が挟む形をしていますが、仙骨と腸骨のつなぎ目に当たる部分を「仙腸関節」と呼びます。仙腸関節自体は数mmしか動かない、不動関節ですが、脚と身体をつなぐ重要な関節で、上半身の重さや地面からの衝撃を受け止めるために、固い靭帯で幾重にも覆われています。
仙腸関節が緩んでしまったり固まってしまったりすると腰痛や臀部痛、鼠径部の痛みなどを引き起こす原因になります。

【仙腸関節障害を起こす原因】
左右の脚を前後に開いたり腰を大きく捻るなど、骨盤に左右非対称の力が加わることで発症しやすいといえます。例えばいつも鞄を同じ方の腕に持つ、足を組んで座る癖があるなどの左右非対称な癖がある方は負担がかかりやすいです。
また、女性は出産に際して、リラキシンというホルモンの作用により、仙腸関節の周りにある靭帯が緩み産道を広げますが、出産後も靭帯が緩んだままになってしまい、仙腸関節障害を引き起こすことがあるといわれています。

【仙腸関節障害の症状】
✅腰を反らすと痛い
✅お尻が痛い
✅足の付け根(鼠径部)が痛い、違和感がある
✅しびれ感(びりびり、じんじんする感じ)がお尻や足にある
✅座っていると痛みが増す(30分座っていられない)
✅上を向いて寝られない(痛みが増す)
✅階段は上るときの方が痛い
✅痛い側を下にして横向きで寝られない
✅月経時に症状が悪化する
✅妊娠、出産を契機に症状が出た、悪化した
など
これらの症状は腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などと間違えられやすく、鑑別が必要です。

名古屋市西区のはづき接骨院ではこれらの疾患に対する治療はもちろん、予防やメンテナンスの為のセルフストレッチやトレーニングにも対応しております。

腰痛や臀部痛、下肢の痛みでお悩みの方は1度【はづき接骨院】へお越しください

【交通事故被害による交通事故治療もお任せください】

交通事故被害による慰謝料についてはこちらをご覧ください

https://hazuki-bs.jp/hazuki1/20200623163957/

名古屋市西区のはづき接骨院では患者様の症状に合わせ、早期の改善を目指しております。

日常生活での痛みに対し、症状の把握から適切な施術→根本治癒を患者様と共に目指しております!! 交通事故無料相談も随時受付しております‍!

交通事故被害に遭われた方は窓口負担0円にて施術を受けれます!

はづき接骨院
〒451-0014
愛知県名古屋市西区又穂町3-20永安ビル1A
地下鉄鶴舞線「庄内通駅」1番出口から東へ徒歩6分
店舗前共用駐車場13台有り

#はづき接骨院#接骨院#名古屋市西区#妊娠#産後#捻挫#足のしびれ#交通事故治療#骨盤矯正#EMSトレーニング#コルグン#小顔矯正#肩こり#腰痛#膝痛#五十肩#四十肩#腱鞘炎#坐骨神経痛#リハビリ#スポーツ外傷#成長痛#テニス肘#ゴルフ肘#胸郭出口症候群#日曜診療#妊婦#名古屋市北区#マタニティ#庄内通#産後骨盤矯正#椎間板ヘルニア#骨折#脱臼#打撲#手のしびれ#正中神経麻痺#橈骨神経麻痺#尺骨神経麻痺#仙腸関節障害#仙腸関節炎

 

【ストレートネック】の事なら名古屋市西区のはづき接骨院へ

【ストレートネックが起こす悪影響】

ストレートネックとは、本来S字に湾曲しているはずの首の骨が真っ直ぐになってしまっている状態を指します。
人間の頭は、頚椎と呼ばれる7つの骨で支えられており、頭の重さは体重の約10%、つまり体重50kgの人では約5kgと言われています。これは500mlペットボトル10本分の重さと同じです。頚椎は緩やかな湾曲を保つことでクッションの役割を果たし、重い頭を支えているのです。

 


【ストレートネックになる原因】

・長時間のスマホ操作
・長時間のパソコン作業(デスクワーク)
・猫背などの悪い姿勢
・高すぎる枕の使用

液晶画面を長時間操作したり、小さな文字を読んだりしていると、目が疲れてきて自然と見るものとの距離が近くなり、前かがみの猫背のような首への負担が大きい姿勢になりがちです。
また高さが合っていない枕の使用など、普段の姿勢から首に負担をかけ続けることにより頸椎が本来の湾曲を失ってしまい、最終的にストレートネックになってしまうのです。
ストレートネックになってしまうと、体の約10%の頭部の重みが首まわりにそのまま圧し掛かり、筋肉や神経に大きな負担を与えます。その結果、首を中心に肩や背中に痛みが生じてしまうのです。
また、首周りの筋肉に大きな負担をかけ続けているので、痛み同様、筋肉のハリ感も感じてしまうことがあります。

 

 

【ストレートネックの状態を放置しておくとどうなる?】

・頚椎症
・頚椎椎間板ヘルニア
・胸郭出口症候群
などの疾患につながるリスクが高くなります。

名古屋市西区のはづき接骨院ではこれらの疾患に対する治療はもちろん、ストレートネックの状態のチェックや予防、メンテナンスに対応しております。

首周りの不調でお悩みの方、ご自身がストレートネックなのか不安がある方はぜひ1度名古屋市西区の「はづき接骨院」へ

 

 

交通事故被害による交通事故治療もお任せください。

交通事故被害による慰謝料についてはこちらをご覧ください

https://hazuki-bs.jp/hazuki1/20200623163957/

はづき接骨院では患者様の症状に合わせ、早期の改善を目指しております。

日常生活での痛みに対し、症状の把握から適切な施術→根本治癒を患者様と共に目指しております!! 交通事故無料相談も随時受付しております‍!

交通事故被害に遭われた方は窓口負担0円にて施術を受けれます!

はづき接骨院
〒451-0014
愛知県名古屋市西区又穂町3-20永安ビル1A
地下鉄鶴舞線「庄内通駅」1番出口から東へ徒歩6分
店舗前共用駐車場13台有り

#はづき接骨院#接骨院#名古屋市西区#妊娠#産後#捻挫#足のしびれ#交通事故治療#骨盤矯正#EMSトレーニング#コルグン#小顔矯正#肩こり#腰痛#膝痛#五十肩#四十肩#腱鞘炎#坐骨神経痛#リハビリ#スポーツ外傷#成長痛#テニス肘#ゴルフ肘#胸郭出口症候群#日曜診療#妊婦#名古屋市北区#マタニティ#庄内通#産後骨盤矯正#椎間板ヘルニア#骨折#脱臼#打撲#手のしびれ#正中神経麻痺#橈骨神経麻痺#尺骨神経麻痺

 

【交通事故治療】名古屋市西区・北区エリアの方は『はづき接骨院』へ

名古屋市西区の【交通事故治療認定院】

 

・交通事故によるむちうちや腰痛で悩んでいる

・後遺症を残らないようにしたい

・交通事故治療を受けたいけど、どこに行けば良いかわからない

・整形外科や病院ではレントゲン上問題は無いと言われた

・整形外科や病院では待ち時間がネック、閉まるのが早くなかなか通院が難しい

・平日の遅い時間や日曜日、祝日にも通える接骨院を探している

・保険会社とのやりとりも任せたい

このような交通事故によるお悩みをお持ちの方は、名古屋市西区・北区エリアで交通事故治療実績豊富な『はづき接骨院』へご相談ください。

 

交通事故治療の治療費は?

交通事故被害に遭われた場合は、自賠責保険を使用するので、患者様の自己負担はありません(無料)

また、交通事故被害による『通院慰謝料』も受け取る事が可能です。(一日通院に対して4300円)

『休業損害補償』も適応されます。

 

交通事故後数日経っての痛み

交通事故の被害で多いケガは、『むちうち』や『腰痛』です。

交通事故直後は興奮状態にあり、痛みを感じない事が多く、数日後に痛みや倦怠感、筋肉痛、鈍痛、めまい、吐き気、しびれを感じる事もあります。

交通事故被害に遭われた場合は些細な事でも必ず当院へご相談ください。

交通事故後より日にちが経過し過ぎると、交通事故と負傷の因果関係が証明されにくく、保険会社に通院を認められなくなるケースもあります。

交通事故被害に遭った場合は必ず早期に医療機関へかかる事をおすすめします。

名古屋市西区・北区エリアで交通事故被害に遭われてお困りの方ははづき接骨院へご相談ください。

身体の痛みに対してはもちろん、交通事故被害により患者様が損をしないよう、様々なサポートをお手伝いさせていただきます。

 

 

自己負担0円・通院慰謝料

交通事故の場合は自賠責保険を使用しての通院となります。患者様の負担は0円で通院可能です。

通院1日に対し、4300円の通院慰謝料も受け取れます。

①治療期間×4300円

Or

②実通院日数×2×4300円

①と②の少ない日数の方を基準とします。

例) ①治療期間4ヵ月(120日)

②通院日数50日×2=(100日)

この場合少ない方の②の計算式で慰謝料が計算されます。

100日×4300円=430,000円

 

弁護士特約に加入されている場合

①自賠責保険基準

②任意保険基準

③弁護士基準

 

交通事故治療が終了し、保険会社との示談交渉に入ります。

その際、通院期間や支払われる慰謝料に対し、納得がいかない場合は弁護士の先生に相談を持ち掛けることをおすすめします。

ご自身の加入されている任意保険会社の契約内容に弁護士特約が付帯しているかご確認ください。

弁護士費用も自己負担0円で相談可能です。

通院慰謝料も通常より上がるケースもございます。

名古屋市西区の『はづき接骨院』では弁護士とも連携を取っておりますので、是非ご相談ください。

 

はづき接骨院で交通事故治療を受けるメリット

01  病院のご紹介

交通事故の治療を接骨院で受ける場合、『診断書』を病院でもらう必要があります。当院では病院への紹介状をお渡しして、速やかに治療に移れるようサポートさせて頂きます。

 

02  慰謝料

交通事故による慰謝料とは、交通事故によって被害を受けられた場合、加害者から慰謝料という金銭を頂く事が出来ます。受け取ることのできる慰謝料は、怪我の症状や入院・通院期間や事故の状況によって算出されています。(原則 1日通院あたり4,300円)交通事故による患者様が知っておくべき事を知らないで損をしてしまう事の無いよう、情報の提供をしております。

 

03  受付が20:00まで  日曜日も診療

夜遅くまで受付をしているため、普段お仕事でなかなか病院や、接骨院には通えない患者様のお悩みにも応じます。

 

04  一人一人の症状にあった施術

交通事故と一言に言っても、状況や痛みの具合は人それぞれです。患者様の主訴や検査を元に、患者様の症状の説明、施術方針をお伝えさせていただきます。

 

05  最新医療機器の導入

当院は新規開業に伴い、最新の医療機器を導入しております。その為、早期の症状の軽減や回復を見込めます。

 

06  窓口負担金0円

交通事故被害の場合、加害者側の自賠責保険を使って施術が認められます。その為、患者様ご本人の窓口負担金はかかりません。

 

07  転院も可能

現在他の接骨院や病院に通院中だけど、症状があまり変わらない、効果を感じないという患者様は一度ご相談ください。

 

08  弁護士との連携

弁護士とも連携取っている為、患者様が交通事故被害により損をしないようサポートさせて頂きます。

 

転院も可能

どこの病院、整形外科、接骨院へ通院するかは原則患者様の自由です。

待ち時間や閉まる時間が早く、なかなか通院出来ない。

痛み止めや湿布を出されて終わり。

現在の治療内容に納得が出来ない。

対応が悪い

など、現在通院している治療院から当院へ移りたい場合ももちろん大丈夫です。

 

はづき接骨院では、患者様に寄り添い、患者様の立場になり施術や様々なサポートをさせて頂いております。

 

どのような些細な事でも当院へ一度ご相談ください。

【交通事故治療】名古屋市西区・北区エリアの方は『はづき接骨院』へ|無料相談受付中 (hazuki-bs.jp)

はづき接骨院
〒451-0014
愛知県名古屋市西区又穂町3-20永安ビル1A
地下鉄鶴舞線「庄内通駅」1番出口から東へ徒歩6分
店舗前共用駐車場13台有り

#はづき接骨院#接骨院#名古屋市西区#妊娠#産後#捻挫#足のしびれ#交通事故治療#骨盤矯正#EMSトレーニング#コルグン#小顔矯正#肩こり#腰痛#膝痛#五十肩#四十肩#腱鞘炎#坐骨神経痛#リハビリ#スポーツ外傷#成長痛#テニス肘#ゴルフ肘#胸郭出口症候群#日曜診療#妊婦#名古屋市北区#マタニティ#庄内通#産後骨盤矯正#椎間板ヘルニア#骨折#脱臼#打撲#手のしびれ#正中神経麻痺#橈骨神経麻痺#尺骨神経麻痺

【腰痛治療】椎間板ヘルニア編『はづき接骨院』|名古屋市西区・名古屋市北区

腰部椎間板ヘルニア

主に腰を支えるのは、①脊椎(背骨)②椎間板③筋肉の3つです。

脊椎は首(頸椎)に7個、胸(胸椎)に12個、腰(腰椎)に5個存在し、それぞれが関節となります。

 

この脊椎の間に存在するのが椎間板です。

 

椎間板の役割と特徴

椎間板とは非常に水分が多い組織で、やわらかいゲル状の組織です。衝撃を和らげるクッション・座布団のような働きをしています。椎間板が無いと、骨と骨同士が当たって、 腰痛が生じたり、あるいは動きが悪くなってしまう。椎間板が少しずつ変形して動くことによって、体を動かしたり、加重を和らげたりすることができます。

椎間板は80%の加重を支えています。

すなわち無理な加重や衝撃が加わると、椎間板に直接衝撃が加わることになります。

 

椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアとは、椎間板内にある『髄核』と言われる組織が、線維輪を経て、椎間板の外へ飛び出してしまう状態です。

ヘルニアとは=飛び出すという意味です。

この飛び出した髄核が腰部から下肢にかけて走行している神経を圧迫することにより、腰痛坐骨神経痛、足のしびれ、力が入らないといった神経症状を引き起こします。

 

椎間板ヘルニアは椎間板の圧力増加や椎間板の変性により起こる

前かがみ姿勢や重たい物を持ち上げたり、咳やくしゃみなどで椎間板の圧力が急激に上がります。ぎっくり腰などの急性腰痛をきっかけに椎間板ヘルニアを発症することも十分にあります。

また加齢により椎間板の変性が起こる事により、軽微な外力でも椎間板ヘルニアへ繋がる事もあります。

椎間板ヘルニアは、日頃から立ちっぱなしや、重たい物を繰り返し持つ現役世代や高齢の方、スポーツ活動を頑張る若年層のどの世代にも多く発症します。

 

 

椎間板ヘルニアの起こる場所により足のしびれる場所は変わる

腰椎は5つあり、好発部位は第4腰椎と第5腰椎、第5腰椎と仙椎との間に発症しやすいです。

しびれを感じる場所は

L4ー膝や太ももの内側

L5ー脛から足部(親指・人差し指)

S1ー足部(小指・薬指)の表裏

 

力が入らず困難になる動作

L4ーかがんでからの立ち上がり動作

L5ーかかと歩行

S1ーつま先歩行

 

腰痛は放置せず必ず専門家の元でケアを

日頃から腰痛が続いている、お尻や太腿の裏(ハムストリングス)がつっぱっている、違和感を感じている場合は必ず当院へご相談ください。

基本的には保存療法でも改善する椎間板ヘルニアですが、直腸膀胱障害などが起こる場合は緊急手術になる恐れがあります。

早めのケアや対処をおすすめします。

 

Check!
椎間板ヘルニア・腰痛治療なら名古屋市西区の『はづき接骨院』
✅腰部椎間板ヘルニアと診断された
✅酷い腰痛で悩んでいる
✅お尻~ハムストリングスにかけ常につっぱり感がある
✅足に力が入らない
坐骨神経痛
✅足のしびれが取れない
✅手術は受けずに改善したい

はづき接骨院の椎間板ヘルニア・腰痛治療

問診により、腰痛が起こった原因、発生状況、既往歴などをヒアリング。

視診・触診により腰痛の程度、性状を把握し、椎間板ヘルニアなどの有無などの確認をしていき

施術に入る前に患者様のお身体の状態の説明をさせていただきます。

 

施術は患者様一人一人の症状に合わせ、疼痛緩和、神経症状の緩和を第一に行っていきます。

・柔整手技(マッサージ)

・消炎鎮痛処置

・電気治療、物理療法

・特殊電気治療(ハイボルテージ療法)

 

日常生活での注意点、ストレッチ等のセルフメンテナンス法のアドバイス、必要に応じコルセットの処方も行っております。

腰痛に対する患者様の不安をいち早く取り除けるよう、常に患者様の立場に立ち、寄り添うことを心がけ誠心誠意施術をさせて頂いております。

厚生労働省認定の国家資格所持者による施術の為、ご安心して通院頂けます。

最新ハイボルテージ療法

はづき接骨院では、高電圧を用いたハイボルテージ療法により、椎間板ヘルニアに対する治療を行います。

椎間板ヘルニアにより、障害が起きている神経や筋肉に対し、高電圧を流す事により神経・筋の再教育が促せます。

ハイボルテージは人の手では届かない深部の組織に対しアプローチをかけれる為、症状の緩和や大きな効果を期待できます。

患者様の症状に合わせた、的確かつ効率的な治療で早期改善を目指していきます。

 

EMSトレーニング

腰痛予防の一つに腹筋強化が挙げられます。

はづき接骨院では、最新医療機器を導入している為、3D立体動態波によるEMSトレーニングを受ける事が出来ます。

腰痛や椎間板ヘルニアの患者様は腰痛が酷い為、腹筋トレーニングをするにも一苦労です。

その為、寝ながらの電気刺激によるEMSトレーニングが推奨されます。

 

交通事故被害による交通事故治療もお任せください。

交通事故被害による慰謝料についてはこちらをご覧ください

https://hazuki-bs.jp/hazuki1/20200623163957/

はづき接骨院では患者様の症状に合わせ、早期の改善を目指しております。

日常生活での痛みに対し、症状の把握から適切な施術→根本治癒を患者様と共に目指しております!! 交通事故無料相談も随時受付しております‍!

交通事故被害に遭われた方は窓口負担0円にて施術を受けれます!

はづき接骨院
〒451-0014
愛知県名古屋市西区又穂町3-20永安ビル1A
地下鉄鶴舞線「庄内通駅」1番出口から東へ徒歩6分
店舗前共用駐車場13台有り

#はづき接骨院#接骨院#名古屋市西区#妊娠#産後#捻挫#足のしびれ#交通事故治療#骨盤矯正#EMSトレーニング#コルグン#小顔矯正#肩こり#腰痛#膝痛#五十肩#四十肩#腱鞘炎#坐骨神経痛#リハビリ#スポーツ外傷#成長痛#テニス肘#ゴルフ肘#胸郭出口症候群#日曜診療#妊婦#名古屋市北区#マタニティ#庄内通#産後骨盤矯正#椎間板ヘルニア#骨折#脱臼#打撲#手のしびれ#正中神経麻痺#橈骨神経麻痺#尺骨神経麻痺

 

【腰痛治療】ぎっくり腰編『はづき接骨院』|名古屋市西区・名古屋市北区

腰痛治療に特化】|名古屋市西区『はづき接骨院』

~急性腰痛症・ぎっくり腰 編~

 

【急性腰痛症】ぎっくり腰

【ぎっくり腰を引き起こしやすい動作】

・中腰で重たい荷物を持ち上げる動作

・起床時の起き上がり動作

・長時間同じ姿勢で作業後の急な腰痛

・咳やくしゃみで起こる急な腰痛

 

 

通称ぎっくり腰と呼ばれる【急性腰痛症】

上記の通り、急激な外力が腰部の椎間板や椎間関節、筋肉に損傷をきたすことにより炎症が起こります。

腰痛の症状や性状、経過は様々で、受傷直後から『立ち上がれない』、『起き上がれない』ような腰痛もあれば、最初は軽い痛みや違和感程度だった腰痛が時間の経過と共に痛みが増すケースもあります。

 

 

【急性腰痛症(ぎっくり腰)を起こしやすい方には共通点があります】

◆普段から腰部の筋肉が張っている

◆背中や太もも(大腿四頭筋・ハムストリングス)、骨盤周囲(臀部筋)の筋肉が硬い

 

このような方は急性腰痛症(ぎっくり腰)を起こしやすいので要注意です。

 

 

 

主に腰を支えるのは、①脊椎(背骨)②椎間板③筋肉の3つです。

脊椎は首(頸椎)に7個、胸(胸椎)に12個、腰(腰椎)に5個存在し、それぞれが関節となります。

 

 

 

【起床時の腰痛の原因は?】

朝一番の起床時は、脊椎の椎間関節の動きも悪く、『油切れ』の状態になっており、痛みを引き起こしやすい環境にあります。

また、脊椎の間には椎間板というクッションの役割を果たす軟骨が存在し、椎間板は水分に富み、20歳を超える頃から次第に水分量が減少し、クッション性が低下します。

動き出すことにより油や水分量も増し、椎間関節や椎間板の動きも滑らかになることから、朝一番に痛みが強く、動いていると少し症状が楽になるといった現象が起きます。

 

 

 

【中腰や前かがみ姿勢は要注意】

前かがみ姿勢や重量物を持ち上げると、椎間板の圧力が増します。

中腰作業や立ちっぱなしの時間が長い人だと、常に椎間板へのストレスが加っている状態です。

中腰で重量物を持ち上げたりすると、椎間板の内圧が急激に加わることにより急性腰痛(ぎっくり腰)を起こしやすくなります。

咳やくしゃみも同様のメカニズムで、椎間板の内圧が急激に加わることによりぎっくり腰へと繋がります。

 

椎間板の炎症が強く、安定性が低下すると、椎間関節や周囲の筋肉への負担も大きくなります。

急性腰痛(ぎっくり腰)をきっかけに、椎間板ヘルニアへと繋がる事もあります。

さらに年齢を重ね、筋肉や椎間板、関節も脆くなるに連れ、脊柱管狭窄症や脊椎すべり症などへ移行するリスクが高くなります。

 

日頃から周囲の筋肉や椎間板、椎間関節などへの負担を軽減させれるように、ケアをすることが腰痛予防にとって一番大事な事です。

 

 

✅起床時の起き上がれない程のぎっくり腰
✅重量物を持ち上げてぎっくり腰を起こした
✅立ち上がれない程の腰痛
✅歩けない程の腰痛
✅早期にぎっくり腰を改善したい
✅何度もぎっくり腰を繰り返す

 

 

はづき接骨院のぎっくり腰治療

問診により、急性腰痛、ぎっくり腰を起こした原因、発生状況、既往歴などをヒアリング。

視診・触診により腰痛の程度、性状を把握し、椎間板ヘルニアなどの有無などの確認をしていき

施術に入る前に患者様のお身体の状態の説明をさせていただきます。

 

施術は患者様一人一人の症状に合わせ、椎間関節や椎間板、筋肉に広がった炎症除去、疼痛緩和を第一に行っていきます。

・柔整手技(マッサージ)

・消炎鎮痛処置

・電気治療、物理療法

・特殊電気治療(ハイボルテージ療法)

 

日常生活での注意点、ストレッチ等のセルフメンテナンス法のアドバイス、必要に応じコルセットの処方も行っております。

腰痛に対する患者様の不安をいち早く取り除けるよう、常に患者様の立場に立ち、寄り添うことを心がけ誠心誠意施術をさせて頂いております。

厚生労働省認定の国家資格所持者による施術の為、ご安心して通院頂けます。

 

急性腰痛(ぎっくり腰)への対処法

ぎっくり腰を起こした場合、関節や椎間板、筋肉などには強い炎症反応が起こります。

この炎症反応をいかに早期に取り除くかが早期改善へと繋がります。

一人一人症状に違いはありますが、基本的な対処法を含め、よくある質問をご紹介します。

 

【温める?冷やす?】

冷やす事が大事です。前述した通り、強い炎症がある場合は氷嚢やビニール袋に氷を入れ冷やしてください。

一回20分程度を目安になるべく繰り返してください。

 

【安静?動いた方が良い?】

もし多少、動けるのであれば動ける範囲で動いていただけたら良いです。

寝たきりによる安静は、関節や椎間板、筋肉などの動きが制限されやすくなります。

コルセットをお持ちの場合は痛みがあるうちは必ず着用するようにしてください。

 

 

健康保険も使えます

はづき接骨院は厚生労働省認定の国家資格を取得している為、急性腰痛(ぎっくり腰)に対しては『健康保険』を使用しての施術が可能です。

ご来院の際は健康保険証をお持ち下さい。

『子供医療・福祉医療』

①子供(15歳まで)

②母子(父子)家庭(18歳まで)

③障害者

の方は窓口負担0円です。

医療証をお持ちの方はご一緒にご提示下さい。

 

※整体院やカイロプラクティック院などは国家資格者ではありません

 

 

 

交通事故被害による交通事故治療もお任せください。

交通事故被害による慰謝料についてはこちらをご覧ください

https://hazuki-bs.jp/hazuki1/20200623163957/

はづき接骨院では患者様の症状に合わせ、早期の改善を目指しております。

日常生活での痛みに対し、症状の把握から適切な施術→根本治癒を患者様と共に目指しております!! 交通事故無料相談も随時受付しております‍!

交通事故被害に遭われた方は窓口負担0円にて施術を受けれます!

はづき接骨院
〒451-0014
愛知県名古屋市西区又穂町3-20永安ビル1A
地下鉄鶴舞線「庄内通駅」1番出口から東へ徒歩6分
店舗前共用駐車場13台有り

#はづき接骨院#接骨院#名古屋市西区#妊娠#産後#捻挫#足のしびれ#交通事故治療#骨盤矯正#EMSトレーニング#コルグン#小顔矯正#肩こり#腰痛#膝痛#五十肩#四十肩#腱鞘炎#坐骨神経痛#リハビリ#スポーツ外傷#成長痛#テニス肘#ゴルフ肘#胸郭出口症候群#日曜診療#妊婦#名古屋市北区#マタニティ#庄内通#産後骨盤矯正#椎間板ヘルニア#骨折#脱臼#打撲#手のしびれ#正中神経麻痺#橈骨神経麻痺#尺骨神経麻痺