腰痛の原因・4つの分類|名古屋市西区はづき接骨院

【腰痛なら名古屋市西区のはづき接骨院へ】

【腰痛の原因】
腰痛の原因は大きく分けると4つに分類できます。
①筋・筋膜性腰痛
②椎間板症性腰痛
③椎間関節性腰痛
④仙腸関節障害
これらの原因から腰椎椎間板ヘルニアや狭窄症など様々な疾患へと繋がっていきます。

【それぞれの原因についての解説】
①筋・筋膜性腰痛
筋肉または、『筋膜』の硬直による痛みである。
筋膜とは、筋肉を包んでいる膜で、浅筋膜と深筋膜とがあり、この組織が硬くなることで、筋肉の動き自体が悪くなります。結果、筋肉の硬直を起こし、痛みを誘発します。筋膜は感受性が高く、痛みを感じやすい組織であり、普段の姿勢、デスクワークや車の運転姿勢など、日常で多くとる姿勢により硬くなりやすい。

腰痛を誘発しやすい筋肉
・腰方形筋
・脊柱起立筋(特に多裂筋)

②椎間板症性腰痛
腰の骨は5つの椎骨からなり、その間には『椎間板』とゆうクッションの役割を持つ組織があります。椎間板は腰にかかる負担の80%を受け止めており、残り20%を椎間関節が担っています。
この椎間板に負担を掛けすぎると、損傷を起こしたり、炎症を起こしたりと腰痛のきっかけになります。
椎間板に最も負担がかかる姿勢は『座った状態での前屈姿勢』2番目は『立位での前屈姿勢』3番目に『座った姿勢』です。
前かがみの姿勢になる事で椎間板の圧力が上昇し、痛みを誘発します。また、急激な負荷により椎間板内の髄核が外に飛び出し、神経を圧迫してしてしまうと『椎間板ヘルニア』へと繋がる恐れがあります。

③椎間関節性腰痛
腰の骨は5つ椎骨からなり、椎骨間には『椎間板』とゆうクッションがありますが椎間関節は椎骨の後方で関節を作っています。主に体を反らすなどの動作において負担がかかり、繰り返しの動作や周囲筋肉の硬直などで関節の負担が強くなると炎症を起こします。

④仙腸関節障害
骨盤は、中心に位置する仙骨(尾てい骨の上の骨)の左右を腸骨という骨が挟む形をしています。仙骨と腸骨のつなぎ目に当たる部分を「仙腸関節」と呼びます。仙腸関節自体は数mmしか動きませんが、脚と身体をつなぐ重要な関節で、上半身の重さや地面からの衝撃を受け止めるために、固い靭帯で幾重にも覆われています。
仙腸関節が緩んでしまったり固まってしまったりすると腰痛や臀部痛、鼠径部の痛みなどを引き起こす原因になります。

腰痛を引き起こす原因は様々ですが、その原因に対して不良姿勢が悪影響を及ぼしているケースは多いです。不良姿勢には筋肉の低緊張(緩み)や過緊張(短縮)が関与しており、それぞれの姿勢には腰痛を引き起こす原因があり、腰痛を繰り返し起こす方には原因を追求しないまま同じ負担を腰に掛けすぎていると考えられます。
名古屋市西区のはづき接骨院では腰痛の原因をはっきりさせ、根本治療はもちろん、再発防止のトレーニング指導なども承っております。
腰痛でお困りの方は名古屋市西区のはづき接骨院へご相談ください。

 

 

店舗名 はづき接骨院
住所 愛知県名古屋市西区又穂町3-20 永安ビル1A
電話番号 052-908-3334
受付時間 火~土9:00~12:00/15:00~20:00

日・月10:00~16:00(予約制)

定休日 不定休
最寄り 地下鉄鶴舞線 庄内通 駅から徒歩5分

アクセス

最寄りの地下鉄舞鶴線「庄内通駅」より徒歩5分でご来院いただけるアクセス良好な立地にあり、地元にお住まいの多くの方にお越しいただいております。遅い時間や日曜日にも診療しておりますので、安心してご来院ください。