【腱鞘炎治療なら名古屋市西区庄内通のはづき接骨院へ】

【腱鞘炎の治療なら名古屋市西区庄内通のはづき接骨院へ】
このような症状でお困りではありませんか?

・指を曲げると痛い
・指を伸ばせない
・朝起きたら固まっている
・力が入らない
・物を持ったり掴んだりすると痛い

これらの症状は腱鞘炎の症状かもしれません。

【腱鞘炎とは?】
腱鞘炎とは、骨と筋肉をつないでいる“腱”を包む“腱鞘”と呼ばれる組織に繰り返しの摩擦が生じることによって、炎症が生じる状態です。
代表的なものでは、重たい物を繰り返し持ったり、手の使い過ぎによって手首の親指側にある腱鞘に発症するドケルバン病、指の腱鞘に発症するばね指などがあげられます。
腱鞘炎を発症すると、指や手首に痛みが生じるだけでなく、腱鞘が腫れて狭窄するため、腱のスムーズな動きが妨げられて手首や指の動きが悪くなることも少なくありません。また、周辺の神経を刺激することでしびれが走ることもあります。

【ドケルバン病】
親指を広げると手首の母指側に2本の腱が浮かび上がります。
ドケルバン病とは、母指側の線である『短母指伸筋腱』と『長母指外転筋』が手首の背側を通るところに生じる腱鞘炎です。原因は手を過剰に使用することにある為、キーボードを打つデスクワークの方や、調理師や美容師、主婦の方などに多くみられます。
また、育児中の女性にも好発し、女性ホルモンとの関連も大きいです。

【ばね指】
指の腱鞘が何らかの原因により浮腫み、分厚くなったり硬くなったりすると、腱鞘とその中を通っている屈筋腱がこすれ合い、炎症を起こし腫れてきます。腫れた部分が引っかかり、指を伸ばそうと強い力を加えると「カクン」と跳ねるようになります。このように発症するのがばね指です。

【名古屋市西区庄内通のはづき接骨院では腱鞘炎の治療を得意としております】

腱鞘炎は主に指や手首を酷使することにより引き起こされます。

テーピングや固定具により安静を図り、腫れや痛みを抑えていきます。
当院では患者様の指に合った固定具の作成も行っており、患者様のライフスタイルに合わせ固定方法も考えていきます。
ハイボルテージによる最新物理療法により、腱鞘炎やばね指の症状の早期改善、再発予防を目指します。

腱鞘炎などの指の痛みなどでお悩みの方は名古屋市西区のはづき接骨院へご相談ください。

店舗名 はづき接骨院
住所 愛知県名古屋市西区又穂町3-20 永安ビル1A
電話番号 052-908-3334
受付時間 火~土9:00~12:00/15:00~20:00

日・月10:00~16:00(予約制)

定休日 不定休
最寄り 地下鉄鶴舞線 庄内通 駅から徒歩5分

アクセス

最寄りの地下鉄舞鶴線「庄内通駅」より徒歩5分でご来院いただけるアクセス良好な立地にあり、地元にお住まいの多くの方にお越しいただいております。遅い時間や日曜日にも診療しておりますので、安心してご来院ください。
まとめ

【腱鞘炎の治療なら名古屋市西区庄内通のはづき接骨院へ】

・腱鞘炎は腱を包む『腱鞘』に炎症が起こる状態

・腱鞘炎は手や指の使い過ぎによる事や女性ホルモンとの関係が深い

・腱鞘炎が酷くなると、腱が腫れて、ばね指へと進行する

・腱鞘炎は固定具やテーピング処置により、安静を図る事が大事

・ハイボルテージ療法は腱鞘炎治療にも大きな効果を期待出来る。

・腱鞘炎でお悩みの方は名古屋市西区のはづき接骨院へ