【外反母趾・扁平足治療】名古屋市西区はづき接骨院

外反母趾の治療なら名古屋市西区のはづき接骨院へ

【外反母趾とは】

外反母趾とは、足の指の変形で母趾(親指)の付け根の関節が、第二趾(人差し指)の方へ『くの字』に曲がった状態をいいます。
母趾の関節は通常、第二趾の方へと沿って曲がっていますが、この角度が20度以上の物を外反母趾とすることが一般的です。

母趾の付け根の関節は足の内側に大きく突き出し、靴との摩擦で強い痛みが生じる為、歩行障害の原因になります。
外反母趾は長年の経過に伴って、変形していく変形性関節症の一種ですので、重症化する前に進行を予防する事が大切です。
【外反母趾の原因】外反母趾は若年者にも多くみられます。扁平足や開張足、関節が柔らかい人や母趾の長い人が、外反母趾になりやすいといわれています。
特に扁平足や開張足では、足のアーチ構造が崩れ、立位になると足の前の部分が全体的に扇状に広げられます。この場合、靴を履いたときに、広がった足先が靴先に圧迫されて外反母趾を誘発すると考えられています。
他にも、ハイヒールや足先の細い靴を履くことにより、足先に過剰な力が加わります。その結果、外反母趾を引き起こすとされています。

さらに加齢による筋力の低下などによって足のアーチ構造が崩れることも原因になります。

【名古屋市西区はづき接骨院では外反母趾の治療を得意としています】

外反母趾は進行性の変形性関節症である為、これ以上変形しないようにすることが大切です。
名古屋市西区のはづき接骨院では患者様の症状、状態、ライフスタイルに合わせた処置や簡単に出来るトレーニング、リハビリ方法をお伝えしており、テーピング処置やインソールの処方などで外反母趾や扁平足を改善していきます。

足の指の痛み、外反母趾、扁平足などでお悩みの方は1度名古屋市西区の『はづき接骨院』へ

店舗名 はづき接骨院
住所 愛知県名古屋市西区又穂町3-20 永安ビル1A
電話番号 052-908-3334
受付時間 火~土9:00~12:00/15:00~20:00

日・月10:00~16:00(予約制)

定休日 不定休
最寄り 地下鉄鶴舞線 庄内通 駅から徒歩5分

アクセス

最寄りの地下鉄舞鶴線「庄内通駅」より徒歩5分でご来院いただけるアクセス良好な立地にあり、地元にお住まいの多くの方にお越しいただいております。遅い時間や日曜日にも診療しておりますので、安心してご来院ください。
まとめ

【外反母趾・扁平足治療なら名古屋市西区はづき接骨院へ】

・親指が人差し指側へ20°以上曲がった状態を外反母趾とする

・外反母趾は変形性関節症の一種で、進行性の為、早めの施術を要する

・外反母趾は、扁平足や開張足が主要原因となる。

・名古屋市西区はづき接骨院では、外反母趾や扁平足に対する処置や予防トレーニングも可能

・外反母趾や扁平足でお悩みの方は名古屋市西区のはづき接骨院へ