【腰痛】仙腸関節障害について|名古屋市西区はづき接骨院

【腰痛】仙腸関節障害について

骨盤は、寛骨、仙骨、尾骨の3つの骨で構成されます。
その中心に位置する仙骨(尾てい骨の上の骨)の左右を腸骨という骨が挟む形をしていますが、仙骨と腸骨のつなぎ目に当たる部分を「仙腸関節」と呼びます。仙腸関節自体は数mmしか動かない、不動関節ですが、脚と身体をつなぐ重要な関節で、上半身の重さや地面からの衝撃を受け止めるために、固い靭帯で幾重にも覆われています。
仙腸関節が緩んでしまったり固まってしまったりすると腰痛や臀部痛、鼠径部の痛みなどを引き起こす原因になります。

【仙腸関節障害を起こす原因】
左右の脚を前後に開いたり腰を大きく捻るなど、骨盤に左右非対称の力が加わることで発症しやすいといえます。例えばいつも鞄を同じ方の腕に持つ、足を組んで座る癖があるなどの左右非対称な癖がある方は負担がかかりやすいです。
また、女性は出産に際して、リラキシンというホルモンの作用により、仙腸関節の周りにある靭帯が緩み産道を広げますが、出産後も靭帯が緩んだままになってしまい、仙腸関節障害を引き起こすことがあるといわれています。

【仙腸関節障害の症状】
✅腰を反らすと痛い
✅お尻が痛い
✅足の付け根(鼠径部)が痛い、違和感がある
✅しびれ感(びりびり、じんじんする感じ)がお尻や足にある
✅座っていると痛みが増す(30分座っていられない)
✅上を向いて寝られない(痛みが増す)
✅階段は上るときの方が痛い
✅痛い側を下にして横向きで寝られない
✅月経時に症状が悪化する
✅妊娠、出産を契機に症状が出た、悪化した
など
これらの症状は腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などと間違えられやすく、鑑別が必要です。

名古屋市西区のはづき接骨院ではこれらの疾患に対する治療はもちろん、予防やメンテナンスの為のセルフストレッチやトレーニングにも対応しております。

腰痛や臀部痛、下肢の痛みでお悩みの方は1度【はづき接骨院】へお越しください

【交通事故被害による交通事故治療もお任せください】

交通事故被害による慰謝料についてはこちらをご覧ください

https://hazuki-bs.jp/hazuki1/20200623163957/

名古屋市西区のはづき接骨院では患者様の症状に合わせ、早期の改善を目指しております。

日常生活での痛みに対し、症状の把握から適切な施術→根本治癒を患者様と共に目指しております!! 交通事故無料相談も随時受付しております‍!

交通事故被害に遭われた方は窓口負担0円にて施術を受けれます!

はづき接骨院
〒451-0014
愛知県名古屋市西区又穂町3-20永安ビル1A
地下鉄鶴舞線「庄内通駅」1番出口から東へ徒歩6分
店舗前共用駐車場13台有り

#はづき接骨院#接骨院#名古屋市西区#妊娠#産後#捻挫#足のしびれ#交通事故治療#骨盤矯正#EMSトレーニング#コルグン#小顔矯正#肩こり#腰痛#膝痛#五十肩#四十肩#腱鞘炎#坐骨神経痛#リハビリ#スポーツ外傷#成長痛#テニス肘#ゴルフ肘#胸郭出口症候群#日曜診療#妊婦#名古屋市北区#マタニティ#庄内通#産後骨盤矯正#椎間板ヘルニア#骨折#脱臼#打撲#手のしびれ#正中神経麻痺#橈骨神経麻痺#尺骨神経麻痺#仙腸関節障害#仙腸関節炎