【腰痛改善】なら名古屋市西区でおすすめの『はづき接骨院』

名古屋市西区で腰痛改善でおすすめの接骨院をお探しなら、名古屋市西区の『はづき接骨院』へご相談ください。

・急性腰痛(ぎっくり腰)

・慢性腰痛

・椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・腰椎すべり症

・腰椎分離症

 

など様々な腰痛への治療実績豊富、腰痛改善を得意としている接骨院です。

厚生労働省認定『国家資格』所持者のみ在籍

 

★朝一番の動き始めに腰痛を感じる

主に腰を支えるのは、①脊椎(背骨)②椎間板③筋肉の3つです。

脊椎は首(頸椎)に7個、胸(胸椎)に12個、腰(腰椎)に5個存在し、それぞれが関節となります。

朝一番は脊椎の椎間関節の動きも悪く、『油切れ』の状態になっており、どうしても動きが悪く、痛みを感じやすくなります。

また、脊椎の間には椎間板というクッションの役割を果たす軟骨が存在します。

椎間板は水分に富み、20歳を超える頃から次第に水分量が減少し、クッション性が低下します。

動き出すことにより油や水分も増し、椎間関節や椎間板の動きも滑らかになることから、朝一番に痛みが強く、動いていると少し症状が楽になるといった現象が起きます。

 

★前かがみでの腰痛、咳やくしゃみで痛みが強くなる腰痛

前かがみになると、椎間板の圧力が増します。

その結果、椎間板性の腰痛を感じるようになります。

中腰作業や立ちっぱなしの時間が長い人だと、常に椎間板へのストレスが加わる状態です。

中腰で重量物を持ち上げたりすると、椎間板の内圧が急激に加わることにより急性腰痛(ぎっくり腰)を起こしやすいです。

咳やくしゃみも同様のメカニズムで、椎間板の内圧が急激に加わることによる腰痛に繋がります。

椎間板の炎症が強く、安定性が低下すると、椎間関節や周囲の筋肉への負担も大きくなります。

急性腰痛(ぎっくり腰)をきっかけに、椎間板ヘルニアへと繋がる事もあります。

日頃から周囲の筋肉や椎間板、椎間関節などへの負担を軽減させれるように、ケアをすることが腰痛予防にとって一番大事な事です。

 

★腰を反らすと腰痛が強くなる

腰を反らすには椎間関節や周囲の筋肉が滑らかに動く必要があります。

同じ姿勢や立っている時間が長ければ、常に関節や筋肉への負担は大きくなり、炎症反応も強くなります。

結果、腰を反らす際に椎間関節や筋肉への負担が椎間関節性、筋筋膜性の腰痛を生むことに繋がります。

 

 

このようなメカニズムから様々な腰痛を引き起こします。

さらに年齢を重ね、筋肉や椎間板、関節も脆くなるに連れ、脊柱管狭窄症や脊椎すべり症、腰椎ヘルニアなどへ移行するリスクが高くなります。

日常生活での腰への負担を減らす事、普段からのメンテナンスやケアが大事です。

 

 

 

交通事故被害による交通事故治療もお任せください。

交通事故被害による慰謝料についてはこちらをご覧ください

https://hazuki-bs.jp/hazuki1/20200623163957/

はづき接骨院では患者様の症状に合わせ、早期の改善を目指しております。

日常生活での痛みに対し、症状の把握から適切な施術→根本治癒を患者様と共に目指しております!! 交通事故無料相談も随時受付しております‍!

交通事故被害に遭われた方は窓口負担0円にて施術を受けれます!

はづき接骨院
〒451-0014
愛知県名古屋市西区又穂町3-20永安ビル1A
地下鉄鶴舞線「庄内通駅」1番出口から東へ徒歩6分
店舗前共用駐車場13台有り

#はづき接骨院#接骨院#名古屋市西区#妊娠#産後#捻挫#足のしびれ#交通事故治療#骨盤矯正#EMSトレーニング#コルグン#小顔矯正#肩こり#腰痛#膝痛#五十肩#四十肩#腱鞘炎#坐骨神経痛#リハビリ#スポーツ外傷#成長痛#テニス肘#ゴルフ肘#胸郭出口症候群#日曜診療#妊婦#名古屋市北区#マタニティ#庄内通#産後骨盤矯正#椎間板ヘルニア#骨折#脱臼#打撲#手のしびれ#正中神経麻痺#橈骨神経麻痺#尺骨神経麻痺