【坐骨神経痛の事なら庄内通のはづき接骨院へ】

坐骨神経は腰椎や仙骨神経叢から出た脊髄神経の枝で、足先まで伸びている人体で最も太く、長い神経です。腰椎や仙骨から出た坐骨神経は、お尻から太ももの後ろ側を通り、膝の裏で①総腓骨神経②脛骨神経へと分かれます。

①総腓骨神経は浅腓骨神経とβ深腓骨神経へと分かれ、主に足の前面への神経分布となります。

②脛骨神経は主にふくらはぎ側の神経分布となります。

 

坐骨神経痛とは病名ではなく、坐骨神経に沿ってお尻や脚にかけて起こる痛みの総称を指します。

坐骨神経痛を引き起こす代表的な疾患は腰部椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などの脊椎疾患です。また、梨状筋症候群という、骨盤内の梨状筋という筋肉に坐骨神経が圧迫されて痛みが生じるケースがあります。

 

その他、閉塞性動脈硬化症などの血管性病変、骨盤内腫瘍や、脊髄腫瘍などの腫瘍性病変に関連しても発症します。

 

―治療

坐骨神経痛は原因疾患が様々な為、各疾患に合わせた治療が必要となります。

大部分では保存療法が第一選択肢となります。

消炎鎮痛処置・筋弛緩剤・血管拡張剤・神経ブロック・温熱療法

はづき接骨院ではマッサージを中心とした手技+低周波・干渉波電気治療+ハイボルテージ療法により坐骨神経へとアプローチをかけ、坐骨神経痛の症状を抑えていきます。

 

坐骨神経痛が起こると、お尻から足先にかけしびれやつっぱり感を感じるようになります。

歩いているとしびれが増強する場合や座っていることにより症状が増強するケースもございます。

圧迫を受ける場所により、しびれる場所も変わってきます。

~坐骨神経痛の事なら名古屋市西区のはづき接骨院~
・座っていると痛みが出る
・お尻からふくらはぎにかけての痛み
・ふくらはぎの外側や足の甲から親指にかけて痛みやしびれが起こる
・ふくらはぎの裏側から足の裏や小指にかけて痛みやしびれが起こる
・腰椎椎間板ヘルニアと診断された
・脊柱管狭窄症と診断された
・腰椎すべり症と診断された
・病院で注射を打ってるけど良くならない
・手術は受けたくない

詳しくはこちらのページをご覧ください

https://hazuki-bs.jp/hazuki1/20200818112556/

交通事故被害による慰謝料についてはこちらをご覧ください

https://hazuki-bs.jp/hazuki1/20200623163957/

はづき接骨院では患者様の症状に合わせ、早期の改善を目指しております。

日常生活での痛みに対し、症状の把握から適切な施術→根本治癒を患者様と共に目指しております!! 交通事故無料相談も随時受付しております‍!

交通事故被害に遭われた方は窓口負担0円にて施術を受けれます!

はづき接骨院
〒451-0014
愛知県名古屋市西区又穂町3-20永安ビル1A
地下鉄鶴舞線「庄内通駅」1番出口から東へ徒歩6分
店舗前共用駐車場13台有り

#はづき接骨院#接骨院#名古屋市西区#妊娠#産後#捻挫#足のしびれ#交通事故治療#骨盤矯正#EMSトレーニング#コルグン#小顔矯正#肩こり#腰痛#膝痛#五十肩#四十肩#腱鞘炎#坐骨神経痛#リハビリ#スポーツ外傷#成長痛#テニス肘#ゴルフ肘#胸郭出口症候群#日曜診療#妊婦#名古屋市北区#マタニティ#庄内通#産後骨盤矯正