手のしびれ症状でお困りの方は名古屋市西区庄内通の『はづき接骨院』へ

手のしびれの原因となる疾患

手のしびれの原因は様々で、一過性の症状の場合や持続的に続いていくケースがあります。

朝起きて、体の下にしていた手がしびれたり、正座の後にしびれるといった症状は一過性の血行不良によるものなので心配ありません。

しかし持続的な手のしびれの原因となる場合は早めに当院へご相談ください。

 

 

【頚椎椎間板ヘルニア】

頚椎は7個あり、それぞれ頚椎間には椎間板が存在します。椎間板内の髄核が飛び出し、神経に触れることにより手のしびれなどの症状が出現します。

 

 

【変形性頚椎症】

加齢などにより椎間関節や軟骨が擦り減り、変形した頚椎が脊髄や神経を押すことにより手のしびれなどの症状が出現します。

 

 

【頚椎後縦靭帯骨化症・黄色靭帯骨化症】

首の骨を支えている靭帯が分厚くなり、骨化が生じることによって、脊髄や神経根を圧迫する病気です。首の痛みや手のしびれ、手足の動きが不自由になったりする症状が起こります。

 

 

【胸郭出口症候群】

猫背やなで肩女性に多く、肩関節を上げたりすると手のしびれや冷感などの症状が出現します。脱力感や首の痛み、肩、肩甲骨、前胸部に疼くような痛みが生じます。

 

 

【手根管症候群】

妊娠・出産期や更年期の女性に一番多いはっきりした原因もなく発症する特発性手根管症候群は、女性のホルモンの乱れによる滑膜性の腱鞘のむくみが原因と考えられています。手根管の内圧が上がり、手のしびれなどの症状が出現します。朝方や起床時に痛みやしびれが強くなるといった特徴もあります。

 

 

【肘部管症候群】

肘部管とは、肘の内側にある尺骨、上腕骨の内側上顆、さらにfibrous bandと呼ばれる部位で構成されており、肘部管症候群は肘部管を走行する尺骨神経が圧迫されることで生じた神経症状のことです。

肘に慢性的な負荷がかかることで発症する病気で、主に大工や工場などの仕事による肘の長時間酷使が原因となることが多いです。また、野球や柔道、幼少期の骨折、交通事故による外傷、ガングリオンと呼ばれる腫瘤などが原因となることもあります。

 

 

【橈骨神経障害・後骨間神経麻痺】

橈骨神経は上腕外側から前腕を通過し指先まで伸びている神経です。こうした走行に関連して、上腕部で圧迫を受けると手のしびれなどの神経症状が生じます。

また前腕部に入ると後骨間神経の分枝を出します。この神経はFrohseのアーケードと呼ばれる生理的に狭い部位を走行するため、ここで障害を受けることも多いです。この場合に起きる神経障害を「後骨間神経麻痺」と呼びます。神経支配と関連して、全般的に橈骨神経は「背屈」と呼ばれる手首をあげる、指先を伸ばす、といった動作に重要な筋肉の運動を司っています。また橈骨神経は、親指や人差し指、中指の手の甲側の感覚、前腕の親指側の感覚にも関与しています。

 

このように、手のしびれなどの神経症状が生じるケースは様々で、神経症状が起きている原因を突き止めることが手のしびれを改善する近道とも言えます。

 

~手のしびれなどの神経症状でお困りの方~
・長い期間手のしびれが続いて気になる
・急に手のしびれが出現した
・手に力が入らない
・手の感覚異常が気になる
・頸椎ヘルニアによる手のしびれ
・手根管症候群と診断されている
・肘部管症候群と診断されている

詳しくはこちらのページをご覧ください

→https://hazuki-bs.jp/hazuki1/20200707091913/

当院では患者様の症状に合わせ、早期の改善を目指しております。

日常生活での痛みに対し、症状の把握から適切な施術→根本治癒を患者様と共に目指しております!! 交通事故無料相談も随時受付しております‍!

交通事故被害に遭われた方は窓口負担0円にて施術を受けれます!

はづき接骨院
〒451-0014
愛知県名古屋市西区又穂町3-20永安ビル1A
地下鉄鶴舞線「庄内通駅」1番出口から東へ徒歩6分
店舗前共用駐車場13台有り

#はづき接骨院#接骨院#名古屋市西区#妊娠#産後#捻挫#足のしびれ#交通事故治療#骨盤矯正#EMSトレーニング#コルグン#小顔矯正#肩こり#腰痛#膝痛#五十肩#四十肩#腱鞘炎#坐骨神経痛#リハビリ#スポーツ外傷#成長痛#テニス肘#ゴルフ肘#胸郭出口症候群#日曜診療#妊婦#名古屋市北区#マタニティ#庄内通