足のしびれのことなら庄内通のはづき接骨院へ

【足のしびれのことなら庄内通のはづき接骨院へお任せください】

足のしびれの原因

脳から出た脊髄は、手や足などの末梢にまで伸びています。足のしびれや感覚異常などが生活において大きな支障をきたすことがあります。
脳梗塞や脳血管障害により半身麻痺、感覚異常を起こす事は多いですが、腰部周囲が原因となり足のしびれを引き起こす疾患をご紹介します。

 

【腰部椎間板ヘルニア】
腰には腰椎と呼ばれる椎骨が5つあり、腰椎間には椎間板と言われる水分に富んだクッションの役割をする軟骨が存在します。
この椎間板が加齢や強い衝撃によりダメージを受けると、椎間板内の髄核が外へ逸脱し、近くを走行する神経に触れ足のしびれが出現します。
足のしびれは影響を受けている腰椎の高さにより様々ですが、お尻や太腿、ふくらはぎ、足先までの足のしびれ症状をきたします。

 

【腰部脊柱管狭窄症】
椎骨には椎孔と言われる空間があり、椎間が連なることにより出来る脊柱管が狭くなることにより足のしびれが出現する疾患です。
主に加齢により椎骨が変性し、脊柱管が狭くなる事が原因です。
長時間歩けない、少し休むと歩けるようになるといった「間欠性跛行」が特徴的な症状です。
前かがみの姿勢を取ると楽になることも大きな特徴です。

 

【腰椎すべり症】
腰の部分で椎骨が正常な位置からずれた状態をいいますが、椎骨がずれる(すべる)ことにより脊柱管が狭くなります。それにより、脊柱管の中にある神経組織が圧迫され、様々な症状が現れます。主な症状は脊柱管狭窄症と同様で、足のしびれや間欠性跛行などの症状が出現します。
腰椎すべり症は①腰椎変性すべり症と②腰椎分離すべり症の2種類に分けられます。このうち頻度が高いのは①変性すべり症です。変性すべり症は加齢に伴い生じ、中年以降の女性に多い傾向があります。

 

【変形性腰椎症】
加齢により椎間板や腰椎が変形を起こす疾患です。進行すると腰痛や足のしびれ、排尿障害などの神経症状を呈すことがあります。

 

【腰椎分離症】
激しいスポーツや腰部に回旋、ジャンプなどを繰り返す事による腰椎の疲労骨折です。
スポーツをする10代に多くみられ、早期で治療を行えれば手術せずに保存療法で改善していきます。安静やコルセットの着用により経過を観察していきます。
進行すると腰痛や足のしびれが出現し、将来的にすべり症に進展する確率が高くなります。

 

【坐骨神経痛】
骨盤周囲から抹消にまで枝分かれしている、人体最大の神経である坐骨神経が圧迫を受け、足のしびれが出現します。

 

【梨状筋症候群】
坐骨神経痛の原因でもある疾患です。坐骨神経痛は梨状筋と呼ばれる筋肉の間を通過しますが、梨状筋の筋緊張などにより坐骨神経が圧迫されると、足のしびれなどの症状うを起こします。

 

【末梢神経障害】
坐骨神経は総腓骨神経と脛骨神経へと枝分かれし、さらに総腓骨神経は深腓骨神経、浅腓骨神経へと枝分かれしていきます。神経が絞扼されやすい部位が存在し、絞扼を受ける高さにより、足のしびれが出現する領域が変わります。

 

~足のしびれでお困りの方は名古屋市西区の『はづき接骨院』~
・長年足のしびれが続いている
・足のしびれが気になってきた
・坐骨神経痛で悩んでいる
・椎間板ヘルニア
・腰椎分離症
・変形性腰椎症
・末梢神経障害による足のしびれ

詳しくはこちらのページをご覧ください→https://hazukibs.jp/hazuki1/20200629124031/

はづき接骨院では患者様の症状に合わせ、早期の改善を目指しております。

日常生活での痛みに対し、症状の把握から適切な施術→根本治癒を患者様と共に目指しております!! 交通事故無料相談も随時受付しております‍!

交通事故被害に遭われた方は窓口負担0円にて施術を受けれます!

はづき接骨院
〒451-0014
愛知県名古屋市西区又穂町3-20永安ビル1A
地下鉄鶴舞線「庄内通駅」1番出口から東へ徒歩6分
店舗前共用駐車場13台有り

#はづき接骨院#接骨院#名古屋市西区#妊娠#産後#捻挫#足のしびれ#交通事故治療#骨盤矯正#EMSトレーニング#コルグン#小顔矯正#肩こり#腰痛#膝痛#五十肩#四十肩#腱鞘炎#坐骨神経痛#リハビリ#スポーツ外傷#成長痛#テニス肘#ゴルフ肘#胸郭出口症候群#日曜診療#妊婦#名古屋市北区#マタニティ#庄内通