肘の痛みでお困りの方は庄内通の『はづき接骨院』へ(野球肘編)

野球肘や肘の痛みの事なら西区庄内通の『はづき接骨院』へ

上腕骨内側上顆炎とは、肘の内側に痛みが出現する疾患で、野球の投球動作やゴルフに関連して発生していることから、別名「野球肘」「ゴルフ肘」と呼ばれています。

肘から指先に付着している「屈筋群」により指や肘を曲げたりしますが、屈筋腱や靭帯の牽引力や使い過ぎによるストレスが大きな原因となります。

【野球肘の分類】

内側型:内側側副靭帯の牽引力による裂離骨折、靭帯損傷

外側型:上腕骨小頭の離断性骨軟骨炎、橈骨頭の肥大、関節内遊離体

後方型:肘頭骨端線閉鎖遅延、肘頭疲労骨折、骨棘形成

【発生メカニズム】

内側型:コッキング期から加速期にかけて肘にかかる強い外反力に対し、前腕回内筋群が強く収縮し、また内側側副靭帯に、より強い牽引力が肘内側に加わり発生。将来的に不安定性や遅延性尺骨神経麻痺の発生もある。

外側型:加速期からフォロースルー期にかけて肘に強い外反力が加わり、上腕骨小頭と橈骨頭に圧迫力が加わる。その結果離断性骨軟骨炎を起こす。初期では投球時に外側部に圧痛は無いが、関節遊離体を生じ関節内にロッキングすると突然発生する。

後方型:肘頭と肘頭窩間での衝突(インピンジメント)の結果、成長期では肘頭骨端線の閉鎖障害、成人では肘頭の疲労骨折や三頭筋炎症などが発生する

【症状】

上腕骨内側上顆部の疼痛、圧痛、熱感、腫脹、物を持ち上げる、雑巾を絞る、扉の開閉、野球の投球動作時痛、ゴルフスイング、テニスのフォアハンド時に痛みが出る

【治療】

・安静(投球数の制限)

・フォームの見直し(肩関節、股関節体幹などの可動域確保等)

・アイシング

・ストレッチ

・サポーターなどの装具、固定

・物理療法

上腕骨内側上顆炎は野球やゴルフに限らず、日常生活でも十分痛みが起きやすい怪我です。

仕事で重たい物を持つ、フライパンを振る、加齢による変形によるものなど原因は様々です。

野球肘は今後の選手生命にも大きく影響を及ぼす危険がありますので、肘の痛みを訴える際は必ずご相談ください。

成長期のお子様はもちろん、成人の方も早期の治療が今後の症状改善に大きく影響を及ぼします。

 

~このような症状でお困りの方~

・肘の痛みがある
・物を持ち上げると肘が痛い
・野球の投球動作で肘の痛みがある
・野球肘と診断された
・ゴルフのスイングで肘の痛みを感じる
・雑巾やタオルを絞る動作で肘の痛みがある
・フライパンを振ると肘が痛い
・力が入りにくい
・注射を打ってるけど良くならない

 

当院では患者様の症状に合わせ、早期の改善を目指しております。

詳しい情報を掲載中→https://hazuki-bs.jp/hazuki1/20200617171643/

日常生活での痛みに対し、症状の把握から適切な施術→根本治癒を患者様と共に目指しております!! 交通事故無料相談も随時受付しております。
交通事故被害に遭われた方は窓口負担0円にて施術を受けれます!

はづき接骨院
〒451-0014
愛知県名古屋市西区又穂町3-20永安ビル1A
地下鉄鶴舞線「庄内通駅」1番出口から東へ徒歩6分
店舗前共用駐車場13台有り

#接骨院#名古屋市西区#名古屋市西区接骨院#妊娠#産後#捻挫#打撲#交通事故治療#骨盤矯正#EMSトレーニング#コルグン#小顔矯正#肩こり#腰痛#膝痛#五十肩#四十肩#腱鞘炎#神経痛#坐骨神経痛#リハビリ#スポーツ外傷#成長痛#テニス肘#ゴルフ肘#胸郭出口症候群#日曜診療#妊婦#名古屋市北区#マタニティ#庄内通