腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛、坐骨神経痛でお困りの方は庄内通の『はづき接骨院』へ

腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛、坐骨神経痛でお困りの方は庄内通の『はづき接骨院』へご相談ください

腰痛や足のしびれが気になる方

椎間板ヘルニアとは椎骨の間にあるクッションの役割をする椎間板が変性突出し、近くを通る神経を圧迫する状態です。

椎骨は頚椎に7個、胸椎に12個、腰椎に5個存在し背骨を形成。姿勢を保持する支柱の役割や脊椎が連なり形成される脊柱管を通る脊髄や馬尾神経を保護する役割があります。

脊髄は脳から出て椎骨の中を通り腰部まで走りますが、一つ一つの椎骨の間から左右に二本の末梢神経を出して、その周辺部分の運動や知覚を司ります。

ヘルニアとは『飛び出す、突出する』という意味を持ち、椎間板ヘルニアでは、この脊髄や末梢神経が突出した椎間板によって刺激されることで、麻痺、痛みやしびれなどの様々な症状が生じます。

 

ー発症原因

・加齢により水分が失われ、弾力性が低下した椎間板の変性によるもの

・重たい荷物を持ち上げる上げるなど、椎間板の内圧が急激に上がった際によるもの

・椎骨間に強い衝撃や継続的に負荷が加わり発症するもの

・喫煙や遺伝によって発症するもの

 

ー症状

・腰痛

・片側性の下肢放散痛

・歩行困難

・下肢感覚運動障害

・力が入らない

 

ー好発部位

5つある腰椎のうち、4番目と5番目、5番目とさらに下にある仙骨間に生じることが多いです。

一般的には、2本ある神経根のうち、片方のみが障害され、障害された方に足の神経の支配領域に則したしびれや痛み、脱力、感覚障害などを生じます。

また、突出した椎間板が巨大な場合には、馬尾を強く圧迫して足の麻痺や膀胱障害などを生じることもあり、緊急手術の対象になりえます。

 

ー鑑別

脊柱管狭窄症、閉塞性動脈硬化症

 

~このような症状でお困りの方~

・つらい腰痛がある

・お尻から足にかけてしびれや痛み、つっぱり感がある

・力が入りにくい

・腰椎椎間板ヘルニアと診断された

・手術は受けたくない

・ぎっくり腰で動くのもつらい

 

詳しい情報を掲載中→https://hazuki-bs.jp/hazuki1/20200607102236/

当院では日常生活での痛みに対し、症状の把握から適切な施術→根本治癒を患者様と共に目指しております!! 交通事故無料相談も随時受付しております!

交通事故被害に遭われた方は窓口負担0円にて施術を受けれます!

はづき接骨院
〒451-0014
愛知県名古屋市西区又穂町3-20永安ビル1A
地下鉄鶴舞線「庄内通駅」1番出口から東へ徒歩6分
店舗前共用駐車場13台有り

#接骨院#名古屋市西区#名古屋市西区接骨院#骨折#脱臼#捻挫#打撲#交通事故治療#骨盤矯正#EMSトレーニング#コルグン#小顔矯正#肩こり#腰痛#膝痛#五十肩#四十肩#腱鞘炎#神経痛#坐骨神経痛#リハビリ#スポーツ外傷#成長痛#テニス肘#ゴルフ肘#胸郭出口症候群#日曜診療#祝日診療#名古屋市北区#はづき接骨院#子供OK#妊婦OK#産後#交通事故#慰謝料#子連れ#庄内通#マタニティ